松本潤、伊野尾慧、森田剛、田中聖…密接なジャニーズとAV女優のつながり

松本潤、伊野尾慧、森田剛、田中聖…密接なジャニーズとAV女優のつながり

2016年最後の「週刊文春」(文藝春秋)が、嵐の松本潤(33)の意外な顔を暴く記事を掲載し、ファンは混乱に陥っている。

同誌には、AV女優・葵つかさ(26)の友人が登場し、松本と葵が4年前からいわゆる“セックスフレンド”の関係にあることを細かく暴露。

松本といえば女優・井上真央(29)との10年愛が有名で結婚も近いといわれているが、葵とは週に一度のペースで逢瀬を重ねてきたという(AV女優・葵つかさvs国民的女優・井上真央 嵐・松本潤の4年にわたる乱れた性の暴露)。

 松本は非常に用心深く、葵と会う場所は基本的に彼の自宅マンション。多忙な国民的アイドル・嵐メンバーゆえ自由時間は限られているようで、深夜~明け方に葵がタクシーでマンションを訪れ、数時間滞在するということが多いようだ。

「つかさはそれまでの三年間、毎週のように彼と会っていたそうですが、連絡はいつも一方的で、会話もほとんどなくなっていたと話していました」と友人は語っている。

葵は「いつ彼に呼び出されてもいいように、彼の家の近くに引っ越した時期もあった」ほど惚れていたようだが、傍から見れば男女交際というよりまるでデリバリーヘルスである。

もちろんそのこと自体は別に悪いことではないが、井上との二股、そして松本の“国民的アイドル”というイメージに必要な清潔感から程遠いことが問題だ。

 ただ、記事が事実だとすれば、リスクは最小限になるよう松本は慎重に計算していたと考えられる。合コンを頻繁に開いたり、本物のヘルス嬢を自宅に呼ぶなどして関係者が多くなると、そのぶんコトが外に漏れる確率も上がる。

葵という一人の「呼べばいつでもタクシーで来てくれる」女性を確保し、自宅以外では会わないよう徹底すれば、情報の漏洩を極力防ぐことが出来る。もちろんそれは葵の協力なしには成り立たないわけで、松本は葵の人間性を相当信頼していたか、あるいは邪険に扱い続けても裏切らないほど自分に惚れていると確信していたか……。残念ながら今回、週刊誌記事になってしまったわけだが。

 それにしても4年にわたって関係がバレなかったことはすごい。今回のことを葵側のハニートラップ、売名行為だと見る向きもあるが、そうだとしたら今ではなく、もっとずっと早い段階で情報を売ればいい話だ。

葵も本気で松本に惚れ、尽くしていたのだろうか。そんな逸材を松本が発掘したのは、親友・二代目中村七之助の父である中村勘三郎のお通夜だったという。関係者の付き添いで参列していた葵と松本は、その場にいた共通の知人を介して知り合い、松本から連絡先交換を求めたそうだ。

 発売中の女性向けファッション誌「With」(講談社)の巻頭に嵐全員が登場しているが、その特集ページで松本は『フラッとご飯を食いに行くと、知り合いがいたりして。新しく会う人も、友だちの友だちでっていう【つながり】のことが多いよ。

番組とかで「この間、会ったよね」って言ってるのも、直接知り合いというより、誰かの友だちで来ていて、「あ、どうも」っていう。そういう場所や人とのつながりは、ずっと変わらずに大事にしてるものではあるけどね』と語っている。

葵とも最初はそういう【つながり】を大事にしているからこその出会いだったわけである。葬儀の場でナンパ、というのは勘三郎が知ったらニヤニヤ笑うところだろう。当時、通夜を取材するマスコミのインタビューに応じて目を潤ませていた松本だが、かわいい子にはめざとかったようだ。

 一方で、ワキの甘さから一年もたたずに関係がバレてしまったジャニーズタレントとAV女優もいる。

たとえば今年、明日花キララ(28)とのシンガポールバカンスを報じられたHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)がそうだ。明日花は葵と同じアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」のリーダーで、冠レギュラー番組『マスカットナイト』(テレビ東京系)で共演中。お互い、ジャニーズタレントと関係を持っていることを話したりもしていたのだろうか。

 また、すでに事務所を退所した元KAT-TUN田中聖(31)も、AV女優・倖田梨紗(31)と交際していたことは有名。倖田は違法薬物使用で二度逮捕され実刑判決を受けたが、その後に週刊誌や暴露本にて田中との関係を示唆、「友だちから『彼が梨紗に会いたがっている』という話を聞かされて、クラブで紹介されました。彼は優しくて私を大事にしてくれました」と交際の経緯を明かしていた。

つづく

http://news.infoseek.co.jp/article/messy_39479/


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483049317/


清原和博、現役時代にグリーニーを使用「最初は外国人選手に勧められて」

清原和博、現役時代にグリーニーを使用「最初は外国人選手に勧められて」

 覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けた元プロ野球選手、清原和博氏(49)が今年2月の逮捕後初めて、テレビの取材に応じた様子が29日、TBS系「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2016決定版」(木曜午後9・0)で放送された。

 インタビューの中で、現役時代に覚醒剤を使っていたのかと質問されると、清原氏は「現実的に巨人は人気球団ですし、常にマスコミの目にさらされている状態で、ああいうクスリを使っていたら到底、野球なんかできません」と否定した。

 巨人時代の元同僚の野村貴仁氏の告発本には現役時代に薬物を使用していたと書かれたが、「野村の本は一切読んでません。友人から彼が大変なことになっているよと聞き、初めて(野村氏)映像を見ました。あまりの彼の豹変ぶりにショックを受けまして、クスリ(の影響だとすれば)、こんな恐ろしいものなのか、と彼の姿を見てですね…いまさら彼を反論するつもりも蒸し返すつもりもない、これからもそういうスタンスで僕はいます」と話した。

 現役時代は「本当の名前は分からないが、僕はグリーニーというものを使用していました。
僕も最初は外国人選手に勧められて『キヨ、これ興奮剤だよ』ってもらったりして使ってたんですけど、グリーニーは集中力が上がりますし、実際にルール上でも使ってよかったので使っていた」と告白した。

 グリーニーとは、覚醒剤によく似た成分の興奮剤で集中力が増し、一時的な身体能力の向上などの効果があるとされている。現在NPBでは使用禁止されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000554-sanspo-base


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483020487/


清原和博「自殺のことを検索した」www

清原和博「自殺のことを検索した」www

 2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)のインタビューが、29日放送のTBS系「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング2016決定版」で放送され、清原氏は薬物依存を断ち切る治療を受けている現在、自殺を考えたことがあることを明かした。

 清原氏は治療中、思ったことを記すノートに「自殺」と書いていた。このことを質問されると「そういうことを考えてしまったことがあったんですよ」と告白。「朝まで起きていて、子どもたちがキャーキャー言い出す時に寝る。子どもの声を聞いたら、またつらい。気がつけば夜、(携帯電話で)自殺のことを検索していた」と明かした。それでも「今ここで自殺したら、中毒者が自殺したって思われるじゃないですか。そういう気持ちが強かった」と、思いとどまったという。

 逮捕されたことで「はっきり言って、たくさんの人が離れていきました」というが、一方で「今でも手をさしのべてくださる方々がいらっしゃいます」と、サポートしてくれる人たちに感謝。「一回、自分は清原和博が嫌になりました。サポートしてくださる方々のためにも、もう一回、清原和博をやり直したい。恩返しのつもりで、強い気持ちを持って立ち向かって、一日一日、戦っていくしか、中毒からは抜けられない」と、薬物を断ち切る強い決意を示した。

 野球に対しては「今はそこまで考えきれません。野球に対して失礼。しっかり野球と向き合えるように努力していきたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000122-dal-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483019316/


嵐・松本潤がクズすぎる!AV女優の葵つかさとの二股交際報道で発覚

嵐・松本潤がクズすぎる!AV女優の葵つかさとの二股交際報道で発覚

女優の井上真央と交際中でゴールイン秒読みとも言われていた嵐の松本潤だが、セクシー女優の葵つかさと二股交際中であったことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 松本と井上は05年のドラマ「花より男子」(TBS系)で共演して以来、11年以上の付き合いとなるが、過去にプライベートで2ショットを撮られたことはなく、14年4月に一部が超厳戒態勢の焼肉デートを報じたぐらい。それでも、交際は順調に続いており、井上が今年12月に事務所を移籍したため、いよいよ2人の結婚が秒読み段階に入ったとも言われていた。

 ところが、同誌によると、今月18日の嵐のドームツアー名古屋公演終了後、松本は都内の自宅に帰宅したが、日付が回った19日の午前4時ごろ慣れた様子で葵が自宅へ。それ以前の今月10日と15日の深夜にも松本の自宅を訪れていたという。

 出会いは12年12月の歌舞伎俳優・中村勘三郎さんのお通夜で共通の知人に紹介されたことがきっかけ。年が明けた13年1月に男女の関係になってからは松本は毎週のように葵を自宅マンションに呼ぶようになったというが、当初、葵は、松本が井上と交際していることは知らず。関係を知ってショックを受けたが逢瀬は約3年にわたり昨年5月に1度破局。しかし、その3か月後、松本から復縁を切り出し関係は現在も続いているというのだ。

 「もともと、松本は若いころからセクシー女優と関係を持ち遊び慣れていた。『文春』でも暴かれたが、素顔は完全な“ドSキャラ”。しかし、井上にはその面を見せずに交際を続けているのでは。井上にせよ、葵にせよ、現段階では結婚できないから、松本としてはどちらとの関係も続けていたかったのでは」(芸能記者)

 井上の胸中は穏やかではないはずだが…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000002-reallive-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482901191/


嵐・松本潤、AV女優の葵つかさを中村勘三郎の通夜でナンパwww

嵐・松本潤、AV女優の葵つかさを中村勘三郎の通夜でナンパwww

女優・井上真央(29)と交際を続けている国民的グループ「嵐」の松本潤(33)の自宅マンションを、別の20代女性が週1度のペースで頻繁に訪れていることがわかった。「週刊文春」はこの1カ月のうちに3度、松本のマンションを訪れる彼女の姿を目撃し、撮影した。

「出会いは今から4年前。勘三郎さんのお通夜で、共通の知人に紹介されたことがきっかけでした」(女性の知人A子さん)

 故・中村勘三郎の通夜が行なわれたのは2012年12月。関係者の付き添いで参列した女性はこの日、初めて松本と面識を持ったという。A子さんによれば、そこから2人は連絡を取り合うようになり、深い仲になった。4年間にわたる交際はいったん破局を迎えたが、松本の方から連絡をとる形でヨリを戻し、現在も続いている。井上とは二股交際をしていたことになる。

 松本は直撃取材に対し、「その人がわかんないんで」と女性との面識を否定し、「これ以上答えるのもあれなんで。
事務所通してください」と答えた。ジャニーズ事務所にも書面で事実確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 女性のプロフィールを含めて詳細は12月28日(水)発売の「週刊文春」新年特大号で報じる。

<週刊文春2017年1月5・12日号『スクープ速報』より>

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161227-00006940-sbunshun-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482874775/


安田美沙子の夫、VICTIMデザイナー下鳥直之が不倫

安田美沙子の夫、VICTIMデザイナー下鳥直之が不倫

《この度、お腹に新しい命を授かる事が出来ました》

 11月下旬に第1子の妊娠を公表したタレントの安田美沙子(34)。現在、妊娠5カ月で、出産予定日は5月初旬だという。

 安田の夫は有名ファッションデザイナーのS氏(37)。2012年のバレンタインデーに交際を始めた2人は、2年後のホワイトデーに結婚している。

「S氏が手がけるブランドは20代男性を中心に大人気。専門学校や大学にも通っていない叩き上げですが、年商は4億円を超えるといわれています」(スポーツ紙記者)

 S氏の“ゲス不倫”のお相手・A子さんは27歳。都内の病院に勤務する北川景子似のスレンダー美女だ。

 S氏、A子さんの2人を知る友人が語る。

「16年の夏頃、2人は合コンで知り合いました。彼は妻帯者の事実だけでなく、フルネームもきちんと名乗っておらず、A子は彼が結婚していることを知らずに交際していました」

 12月18日、本誌は都内で密会中のS氏とA子さんの姿を発見。丸の内でのイルミネーション鑑賞、中華料理店でのディナーの後、2人が向かった先は、新宿・歌舞伎町のシティホテルだった――。

 後日、N氏を直撃すると、事実関係を認め、「妻に直接話しますので、時間を下さい」と語った。

「週刊文春」2017年1月5・12日号では、S氏への直撃取材、安田のコメントなども含め、詳報している。

<週刊文春2017年1月5・12日号『スクープ速報』より>

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161227-00006944-sbunshun-soci


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482830951/


香取慎吾「オレは木村拓哉を絶対に許さない!」

香取慎吾「オレは木村拓哉を絶対に許さない!」

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコーナー、“ビストロスマップ”の最後のゲストはタモリ(71)だった。料理を食べて判定を出す際に、「おれはできない」と何度も固辞し、判定はお流れに。とりあえずビールで乾杯、お互いグラスをカチンカチンと合わせたのだが…。

「テーブルに向かって左端に木村、右端に香取。二人がグラスを合わせることはなかった。距離も遠かったのですが、どちらが動けばグラスを合わせることはできたはずですけど」(制作関係者)

この日、香取慎吾(39)はテンション高くグラスのビールを一気飲み。3杯目を飲み干し、4杯目を飲もうとすると、中居正広(44)が「何杯目なの!?」「そこからは自腹だぞ」と言って笑いに運んだ。

「ところが香取は4杯目を手にし、やにわに『カンパ~イ!』と立ち上がってみんなのグラスに当てに行った。木村の隣の稲垣に当てるまでは画像でも分かった。でも、その隣の木村のグラスに当てたようには見えなかったのです」(同・関係者)

この日の座り位置は左から木村、稲垣、中居、タモリ、草彅、香取だ。

「テーブルにはグラスがいくつもあって、手にしたグラス同士で乾杯したのはタモリと草彅だけ。中居、稲垣、そして木村は目の前のグラスに当てられただけなので、映像でも分かりにくいのですが…」(同・関係者)

グラスに当てたかどうかよりも衝撃的だったのは、木村の態度だ。香取がグラスを当てようとしたとき木村はそっぽを向き、グラスに目を向けていなかった。

誰もが感じることだが、自らに置き換えた場合、何かわだかまりがなければ絶対にこんな態度は取らないだろう。

古参のジャニーズライターは、寂しそうに、「意識的に木村が顔そむけたようにも見えました。冷え切った関係をまざまざと見せられた感じです」と話した。

「8月に解散を直訴した際、木村はハワイにいて4名の話し合いには加わりませんでした。その際、香取はジャニー喜多川氏に血走った目で『木村に伝えてください』と前置きして『おれは、アンタを絶対許さない』と言ったそうです。その瞬間、中居、稲垣、草彅の3名は凍り付いたそうです」(同・ライター)

少し間があって、草彅が香取の後を引き継いだ。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161226/Myjitsu_014458.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482760724/


【画像あり】成宮寛貴の友人A氏、名前を明かす「真月 スカイ ジュニアー ダ シルバーです」

【画像あり】成宮寛貴の友人A氏、名前を明かす「真月 スカイ ジュニアー ダ シルバーです」

週刊誌に成宮寛貴氏の薬物使用疑惑を情報提供したという“友人A氏”を名乗る人物が26日、自身の名前は「真月 スカイ ジュニアー ダ シルバー」だとTwitterで明かした。

“友人A氏”は、「本名はスカイ・フランコらしい。」というTwitterのリプライに対して、
「僕の本名はフランコはないです。真月 スカイ ジュニアー ダ シルバー です。名前くらい教えますよ。」と答えた。

“友人A氏”については、「netgeek」が26日に「成宮寛貴を売ったA氏を特定完了」という記事を公開。
ネット投稿やテレビ出演時の映像から、A氏はブラジル系の外国人・スカイ・フランコという人物ということがわかったとしていた。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1226/blnews_161226_4463370356.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482727577/


清原和博「息子に会いたい」と涙 覚せい剤とは一生続く戦い

清原和博「息子に会いたい」と涙 覚せい剤とは一生続く戦い

 覚せい剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)が24日、TBS系「新・情報7DAYS ニュースキャスター」に出演し、「すべての野球ファンの皆様に」と事件を起こしたことを謝罪した。覚せい剤については「一日一日が戦い」「一生続く」とし、離れて暮らす長男について「息子に会いたいです」と涙を流した。

 番組で清原氏を独占インタビュー。安住紳一郎アナは「インタビューをするにあたり、医療機関で証明書を発行していただきました。検査を実施して覚せい剤の検出は認められませんでした」と述べ、書面を拡大したものを放映した。

 インタビューを行ったのは先週。清原氏は「この度は世の中の皆様、そして野球に携わる少年野球からすべてのプロ野球、名球界、高校野球、野球ファンの皆様のことを大変失望させてしまい、罪を犯してしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げ、謝罪した。

 保釈後の生活について清原氏は「保釈されたあとすぐ、病院に直行しました。
ずっと部屋の中で。カーテンを閉じたまま」と述べた。

 自身の報道は見ていたかについて、「さすがに見れなかったです」と少し笑って額の汗を汗をぬぐった。

覚せい剤をやめられたかという質問には少し間を置き、「やめられたという言い方はなかなか言いづらいんですが…一日一日、今日は使わなかった。じゃあ、明日も頑張ろう。一日一日の積み重ねですね。今は」と言葉を慎重に選んだ。覚せい剤について「本当に恐ろしい薬物。怪物で悪魔で。
そのささやきに戦い続けるのは一生続くのかなと思っています」と冷静に話した。

 離れて暮らす長男について「息子に会いたいです。息子に会いたいです」と繰り返し、両目を赤くはらして涙を流した。

 清原氏は2月に逮捕され、5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決がくだった。

 インタビューの詳細については来週29日、同局系「ニュースキャスター 超豪華!
ニュースランキング2016決定版」(後9・00)で放送する予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000129-dal-base


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482627041/


小向美奈子、1年3カ月の刑務所生活を告白!「バイセクシャル申告で独居房に」www

小向美奈子、1年3カ月の刑務所生活を告白!「バイセクシャル申告で独居房に」www

覚醒剤で2度逮捕された元グラビアアイドルの小向美奈子(31)。2016年7月に栃木刑務所を仮出所した彼女が、1年3カ月の刑務所生活を告白した。

 ***

「刑務所では独居房にいました。というのも入所する際、性的な嗜好を申告することになっていて、私はバイセクシャルの欄に○を付けた。それで独居房に入れられたのでしょう」

 と語るのは、現在AV女優・ストリッパーとして活動する小向本人だ。4畳ほどの独居房では、意外にも読書に勤しんでいたという。

「刑務所の図書館からトルストイの『戦争を平和』や『アンナ・カレーニナ』を借りましてね。『戦争と平和』は4巻もあって、登場人物も多い。最後まで読むのが大変でした――」

 このほか、官能小説も読破したと語る小向。現在発売中の「週刊新潮」にて、“獄中生活”の様子を詳しく明かしている。

「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00516082-shincho-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482620239/


≪PREVNEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ