ノンスタ井上裕介、当て逃げ事件で謝罪 今後は「誠意をもって対応」

ノンスタ井上裕介、当て逃げ事件で謝罪 今後は「誠意をもって対応」

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介(36)が13日、所属事務所を通じて、11日夜、東京・世田谷区内において、自身が運転する乗用車がタクシーに接触し、運転手にけがを負わせたことについて、被害者および関係者に謝罪した。

 井上は「接触事故を起こしてしまい、その場でよく確認するべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません。誠意をもって対応してまいりたいと考えております」とコメントした。

 また、所属事務所によると「井上は前を走っていたタクシーを追い越そうとした際に同車に接触したかもしれないと認識しておりましたが、事実確認をせずにそのまま帰宅してしまっておりました」とし「弊社としてはこの度の事態を深刻に受け止め、井上とともに誠実に被害者対応に努めてまいります。被害者及び関係各位に多大なるご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」と重ねて謝罪している。

 井上は12日、毎週月曜日にレギュラー出演しているTOKYO MXのバラエティー番組『ひるキュン!』(月~金曜 正午)の出演を取りやめており、今月18日に放送を予定していたインターネットテレビ局「AbemaTV」の「AbemaNewsチャンネル」内、新番組『勝手に出口調査』の放送も現状、見送りとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000344-oric-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481564051/


お笑いコンビNON STYLE 井上裕介さんが当て逃げ…過失運転傷害、救護義務違反の疑い 飲酒運転の発覚を恐れてか?

お笑いコンビNON STYLE 井上裕介さんが当て逃げ…過失運転傷害、救護義務違反の疑い 飲酒運転の発覚を恐れてか?

人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さんが、11日夜遅く、東京・世田谷区で車を運転していてタクシーに当て逃げをし、運転手にけがを負わせていたことが警視庁への取材でわかりました。

警視庁によりますと、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さん(36)の運転する乗用車が、11日午後11時半すぎ、東京・世田谷区で走行中のタクシーにぶつかり、そのまま走り去りました。タクシーの40代の運転手は首や腰に軽いけがをして、病院で手当てを受けたということです。

警視庁はナンバーなどから車を特定し、連絡を取ったところ、事故を起こして走り去ったことを認めたということです。1人で仕事先から世田谷区内の自宅に帰る途中で、警視庁に対し、「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と話しているということです。

警視庁は、安全確認を怠ったままタクシーの前に入り込もうとしたと見て、過失運転傷害や道路交通法の救護義務違反などの疑いで当時の詳しい状況を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161212/k10010804361000.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481544427/


韓国人の暴力住職、女優・井川遥(本名:趙秀恵)の叔父だった!「俺が呼べば来る」と周囲に吹聴 所属事務所は取材拒否

韓国人の暴力住職、女優・井川遥(本名:趙秀恵)の叔父だった!「俺が呼べば来る」と周囲に吹聴 所属事務所は取材拒否

意外というしかない繋がりなのである。
体験修行に来た人や親から預かっている少年らに対する暴行容疑で目下、警察が捜査を進めている渦中の「暴力住職」。なんと彼は、女優・井川遥(40)の叔父だった――。

事件の舞台となった天光寺は東京の郊外、檜原(ひのはら)村の山間にある。
都心で11月としては史上初の積雪が観測された2日後の26日、まだ周囲に雪が残る天光寺の前に滑り込んできたのは3台の捜査車両。
車から降りた警視庁の捜査員10名ほどが段ボールや脚立を抱え、鉄筋コンクリート造りの天光寺の施設に入って行ったのは午前10時頃だった。
そして、彼らはそれから約2時間半に亘って家宅捜索を行ったのである。

現在、暴行の嫌疑をかけられているのは、この天光寺の高尾聖賢(せいけん)住職(65)。
「この寺は10年ほど前から体験修行と称して有料で希望者を募り、企業研修の場としても使われてきた他、不登校などの問題を抱える少年も預かっていた。
しかし、高尾住職による暴行は日常的に行われ、今年7月まで修行をしていた30代の男性が警視庁に被害届を提出。
また、11月11日にはやはり住職から暴力を受けていた15歳の少年らが児童相談所に保護された」(全国紙社会部デスク)

今年春頃に天光寺で体験修行をした人によると、「あの寺では20代くらいの若い男性が何人か働いていて、そのうちの1人が住職から“だからお前はダメなんだ!”と罵られて頭を叩かれているのを見ました。
あと、食事で出された煮物が酸っぱかったので腐っていたのかもしれません」

そもそもこの寺には宗教法人の資格はなく、「住職」という肩書についても、「彼が勝手に名乗っているだけ。住職になるには教師資格の僧階を持たなければならないのですが、彼はそれを取っていないのです」

そう語るのは、山形県鶴岡市にある瀧水寺大日坊の遠藤宥覚住職である。
「ある方から頼まれて彼をウチで得度させてあげた。にもかかわらず、中途半端なまま修行を投げ出したので私は怒ったのですが、今考えれば肩書を得ることだけが目的だったのでしょう。当時、彼が提出した入門願いの書類を見ると、本名は趙となっており、本当かどうかは分からないけれど“韓国の旧王族の末裔”と説明していたな」

数年前、高尾住職の母親が亡くなった際には、「目黒にある寺を借りて、私が葬式をしてあげた。そこには井川遥も来ていた。高尾のお兄さんの娘が井川遥。
彼女にとって高尾は叔父ということになる」と、遠藤住職。

葬式前、住職は、2006年にフジテレビ系で初めて放送され、井川も側室役で出演しているドラマ「大奥スペシャル~もうひとつの物語~」の再放送を見ていたため、「その話を高尾にしたら、彼が“ちょっと来い!”と井川遥を呼んだ。
私が“テレビで見たばかりです”と言ったら、彼女は“だいぶ前に収録したものなんですよ”と話していた」(同)

高尾住職との関係について井川の所属事務所は、「プライベートな事柄については一切お答えを差し控えさせて頂いております」と言うのみ。
高尾住職も、「話すことはできません。なにも、一切」 

そう口をつぐむのだが、天光寺関係者はこう明かす。
「高尾住職は周囲に“井川遥は身内。俺が呼べばすぐに来る”と吹聴していた」

事件の展開によっては、井川の清廉なイメージにも傷がつきかねないのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00515422-shincho-soci


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481065376/


慶応大学「広研」集団強姦疑惑 3人無期停学1人けん責処分

慶応大学「広研」集団強姦疑惑 3人無期停学1人けん責処分

慶応大学で起きた女子学生への集団暴行疑惑で、慶大は4日、現場にいた学生4人を今月3日から無期停学などの処分にしたと発表した。

処分を受けたのは「ミス慶応コンテスト」を運営する広告学研究会(広研)の男子学生。

理工学部の1年生2人と商学部の2年生1人を無期停学とし、環境情報学部の2年生1人をけん責とした。4日午前、各学部に学部長名義で告示文が掲示された。

告示文によると、無期停学処分の理由は「気品を害(そこ)ね、学生としての本分にもとる行為を行った」ため。

慶大広報室は、具体的な行為について「未成年飲酒と飲酒をあおる危険な行為、サークルの場での性行為と、動画や画像の撮影」とした。性行為、撮影ともに、どの学生が関与したかは明かしていない。

一方、けん責処分は「責任ある立場にありながら、飲み会における監督責任を怠った。
また再三注意したにもかかわらず、不適当な飲酒をやめなかった」ためという。

問題の暴行疑惑は9月2日、海の家を運営する広研が神奈川県葉山町の合宿所で開いた飲み会で発生。
その場にいたのは男子学生6人と呼び出された女子学生1人。男子学生2人と女子学生1人の性行為を、男子学生1人が撮影。
女子学生は集団で性的暴行を受けたとして神奈川県警葉山署に被害届を提出。県警が捜査している。

慶大広報室は、今回の処分と集団暴行疑惑の関連性について「刑事事件につながる事実の確認には至っていない。
サークルの場での性行為だけで十分処分に値する」と判断したという。

慶大は先月4日、未成年飲酒などを理由に、清家篤塾長名義で広研の解散を命じた。
学生の処分まで、さらに1カ月を要したのは「個人の処分は、学部の教授会などで慎重に判断する必要があり、時間がかかった」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000082-spnannex-soci


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478298473/


女優 高樹沙耶容疑者を大麻所持の現行犯で逮捕!

女優 高樹沙耶容疑者を大麻所持の現行犯で逮捕!

女優 高樹沙耶容疑者(53)を逮捕 大麻所持の現行犯 関東信越厚生局麻薬取締部

女優の高樹沙耶容疑者(53)が、大麻所持の現行犯で逮捕されたことが、FNNの取材でわかった。
関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕されたのは、女優の高樹沙耶こと、益戸育江容疑者。
高樹容疑者は、沖縄・石垣島で大麻を所持していたところを麻薬取締官に発見された。
高木容疑者は、1983年に女優としてデビューし、テレビや映画などに出演していたが、最近は、沖縄・石垣島に移住し、ペンションを経営する傍ら、医療大麻の推進活動をしていた。
また、2016年の7月に行われた参議院選挙には、新党改革から東京選挙区で立候補し、医療用大麻の合法化や、脱原発を公約していたものの、落選した。

http://www.fnn-news.com/sp/sokuhou/detail.html?id=SO00000370


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477365377/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ