「バージンだと病気だと思われるよ」でノミネートを狙っていた鳥越俊太郎氏、「流行語大賞」選考員会から名前消滅www

「バージンだと病気だと思われるよ」でノミネートを狙っていた鳥越俊太郎氏、「流行語大賞」選考員会から名前消滅www

 17日、「2016ユーキャン新語・流行語」大賞の候補30語が公式サイトで発表されたが、例年、選考委員会を務めてきたジャーナリスト・鳥越俊太郎氏の名前が、公式サイトから消えていることが、わかった。

 これまでの全受賞記録を紹介したサイトでは選考委員会として鳥越氏の名前が残っているが、17日に公開された公式サイトには、選考委員会について、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)の名前だけが記載されており、鳥越氏の名前が消滅している。

 鳥越氏といえば、今年の7月31日に実施された「東京都知事選挙」に民進、共産、社民、生活の推薦を受けて出馬。「がん検診100%」公約や「大島消費税5%」などを演説やテレビ番組で訴えたが、「国政と都政を勘違いしている」などと批判が集中。最終的に、鳥越氏は134万6103票を獲得したが、291万票を獲得した小池百合子氏(現都知事)にダブルスコア以上の差をつけられ、敗北した。

 ちなみに、「2016ユーキャン新語・流行語」大賞の候補30語には、小池百合子都知事に関連する「アスリートファースト」「都民ファースト」「盛り土」「レガシー」などが選ばれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000010-reallive-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479375764/


鳥越俊太郎「本気で勝てるとは思ってなかった」www

鳥越俊太郎「本気で勝てるとは思ってなかった」www

「実は本気で勝てるとは思ってなかった」

 さて、嵐のような都知事選から2か月。今ではだいぶ落ち着いたのだろうか。

「選挙が終わったら“あ、終わった”と普通の生活に戻っていますよ。実は本気で勝てるとは思ってなかった。

 だって、選挙のずっと前から小池さんのパフォーマンスをテレビが追っかけていましたからね。自民党という大組織と戦うひとりの女性、伏魔殿という都議会と戦うか弱き女性というひとり芝居を見せられた。だから、もう決まってたんです」

 選挙後は、どんな本を読んでいるのだろうか。

「大河ドラマ『真田丸』を見るようになって、池波正太郎の『真田太平記』を読んでいます。小学2年生のころに貸本屋で借りた講談本を思い出しますね。ザラ紙で分厚くて、漢字全部にルビがふってあってね。懐かしいな」

<プロフィール>
◎鳥越俊太郎(とりごえ・しゅんたろう)
ニュースの職人。1940年、福岡県生まれ。京都大学文学部を卒業後、毎日新聞社に入社。'88年、サンデー毎日編集長に。'89年、毎日新聞社を退社、テレビ・キャスターとして活躍する。近著に『食べてよく寝て鍛えなさい』(内外出版社)

週刊女性2016年10月11日号2016/10/2
http://www.jprime.jp/articles/-/8224?page=3


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475410269/


強姦未遂の過去を持つ鳥越俊太郎が、強姦魔・高畑佑太を擁護www

強姦未遂の過去を持つ鳥越俊太郎、強姦魔・高畑佑太を擁護www

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は「不起訴ということは『強姦致傷という犯罪はありませんでした』と前橋地検が判断したということ。
最初の警察の発表が、事実と違っていたんじゃないかと思わせる。

それにのって、私たちメディアがわーっと報道したけれど、僕はそこも問題が残っていると思う。
被害者とともに、高畑さんの人権も考慮しなければいけない」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000002-tospoweb-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473645671/


鳥越俊太郎、今後ジャーナリストとして小池都政を監視するwww

鳥越俊太郎、今後ジャーナリストとして小池都政を監視するwww

鳥越俊太郎氏は小池百合子氏の当選確実の報に「まあ、お祝いの言葉を贈りたい」としながらも
「脳裏から離れないのは(小池氏が)雑誌で語った『核武装の選択肢は十分ありえる』という発言。
そんな人が都知事になっていいのかと正直思っている」と話した。

 今後はジャーナリストとして都政をチェックするといい「(小池都政を)監視していきたい」と話した。

 鳥越氏が敗戦の弁の中で「野党共闘は今後も続けて」と衆院選での共闘を要請すると、共産党議員らからは拍手が上がったが、民進党議員は沈黙。ちぐはぐな一面も見られた。

 開票前、港区の鳥越事務所では、野党4党の国会議員や都議が集まり、テレビに見入った。
午後8時、NHKの開票速報が流れると、民進党関係者から「なんじゃそりゃ」「きびしいね」との声が上がった。
中には「これじゃ、宇都宮さんが出ても同じか、まだ良かったんじゃ」との声まで上がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000193-nksports-pol


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469976055/


鳥越俊太郎、池上彰さんの選挙特番に出演しなかったことがネット上で波紋!「敵前逃亡かよ」 「逃げないで下さい」

鳥越俊太郎、池上彰さんの選挙特番に出演しなかったことがネット上で波紋!「敵前逃亡かよ」 「逃げないで下さい」

2016年7月31日投開票の東京都知事選で、候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏が、同日夜放送の池上彰さんの選挙特番に出演しなかったことがネット上で波紋を広げている。

報道番組「池上彰のニッポンの大問題~都知事選スペシャル~」(テレビ東京)での一幕で、ツイッターでは「敵前逃亡かよ」「聞く耳はどうした」「逃げないで下さい」といった厳しい指摘が相次いだ。

「私の質問を受けない、ということのようですねぇ」

候補者と繰り広げる1対1のインタビューが名物の池上特番。しかし、視聴者が期待していたジャーナリスト同士の掛け合いは実現しなかった。
小池百合子・元防衛相に当選確実が出た20時過ぎ、鳥越事務所からの中継で、相内優香アナウンサーが「今交渉していますが、1対1の掛け合いはできないかもしれません」と険しい表情で伝えた。

これに、スタジオの池上さんは「私の質問を受けない、ということのようですねぇ。うーん」と言葉をつまらせ、苦い表情。
結局、番組終了まで鳥越氏本人を含め、鳥越陣営のインタビューは実現しなかった。鳥越事務所との中継は、このシーンしか放送されなかった。

番組放送中、小池氏はインタビューに答えたほか、増田寛也・元総務相の陣営からは自民党の下村博文・総裁特別補佐が出演した。
鳥越氏はテレビ朝日のニュースキャスターの経験もあり、現在、もっとも人気のあるテレビキャスターである池上氏との掛け合いに視聴者の注目も集まっていた。

そのため、鳥越氏が池上さんとの掛け合いから「逃げた」と解釈する視聴者も多く、ツイッターに

「敵前逃亡かよ」
「聞く耳はどうした」
「逃げないで下さい」

と鳥越氏への強い批判が相次いだ。

http://www.j-cast.com/2016/07/31274059.html?p=all


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469971700/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ