元ほっしゃん、星田英利が引退発言を撤回!「ひたむきに頑張ります」

元ほっしゃん、星田英利が引退発言を撤回!「ひたむきに頑張ります」

お笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)が6日夜、自身のインスタグラムを更新し、同日朝につぶやいた芸能界からの引退示唆を撤回。「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」とつぶやいた。

 星田は、今朝方インスタで「デビューからお世話になった大先輩方々を裏切る、っていうか、お世話になり過ぎて、その方々にご相談できへんかたけど、年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います。27年。…凄い」と投稿。さらに「あ、今やってる仕事は、3月までやから、それは絶対、手ぇ抜かんと死ぬ気でやるから」とし、芸能界からの引退を示唆していた。

 所属事務所はORICON STYLEの取材に対し「事実確認中」としていたが、星田はこの日のうちに該当の投稿を削除していた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000357-oric-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481025217/


ダウンタウンがアメリカに進出した場合の総利益は100億円以上!その内訳がこちら

ダウンタウンがアメリカに進出した場合の総利益は100億円以上!その内訳がこちら

12月2日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・午後7時57分~)でダウンタウンがアメリカに進出した場合に得られる驚きの総利益が算出された。

 この日の番組企画は一般の応募者と酒を飲む特別企画で、ダウンタウンが好きすぎる30歳の米国人男性が登場。中学からダウンタウンのファンだというこの男性は、会計の分野で全米トップ3を誇るブリガムヤング大学を卒業。現在はマーケティングの仕事をしているという。

 ダウンタウンを好きになったきっかけは、日本語授業で友人が日本の文化として教えてくれたダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズだった。そこでダウンタウンの笑いにハマり、インターネットでほぼ毎日のようにダウンタウンの動画をチェックするように。

 男性は、日本語がわからないアメリカ人にもその面白さは通じると「笑ってはいけない」「サイレント図書館」を例に挙げ、「笑ってしまうと罰が与えられる。なぜ?ワケわからない!(でも)面白い!」。そもそも、そういったお笑いの発想がアメリカにはなく「すごく斬新で絶対にウケる」と力説。“ダウンタウンの笑いは絶対にアメリカでウケる”、“なぜ、アメリカ進出しないんだ”とダウンタウンの2人に訴えかけた。

 そして、マーケティングの仕事に就いているという男性は、アメリカにダウンタウンが進出した場合にどれだけ儲かるかを算出し、プレゼン。「ダウンタウン海外進出3段計画」として、まずは公式な「YouTube」チャンネル開設で、見込める収益を2,898万円。次の戦略としてアメリカで流行っているという「Netflix」を挙げ、見込める収益を60.83億/7話(RBC Capital Statista、東洋経済調べ)。最後にテレビで「笑ってはいけない」ハリウッド版を製作し、見込める収益を45.3億円(4時間スペシャル10%の視聴率で計算・Kantar Media Nielsen調べ)。その総額を100億円以上とはじき出した。

「これは、ちょっと控えめに計算しているので全然(この金額を)超えられるんですよ」と話す男性に対し、松本人志(53)は「吉本に持って行って。我々聞いてもよくわかんないんですけど」と返答。レギュラー出演している坂上忍(49)は、「どうします?海外進出。4月から(お笑いコンビ・ビースの)綾部が(アメリカに)行くので、ダウンタウンさんが3月に行っちゃうっていうのはどうでしょう?」とダウンタウンの2人に話を持ちかけ、その場の笑いを誘った。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161203-00010000-jisin-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480715979/


極楽とんぼの山本圭壱 吉本興業への復帰を発表「これからは汗をかいて、できる限り2人で」

極楽とんぼの山本圭壱 吉本興業への復帰を発表「これからは汗をかいて、できる限り2人で」

10年ぶりに活動を再開したお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)が吉本興業に復帰することが20日、発表された。

東京・恵比寿で行われた全国ライブツアーのファイナル公演で、相方の加藤浩次(47)がファンに報告した。

これまでのライブ期間中に山本が行ってきた謝罪に不満な様子の加藤から「最後に(謝罪をもう一度)しなさい」と促された山本が「誠に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。
これを受けて加藤は「発表させてもらいます。ぼくと山本と吉本興業の大崎社長と10日ぐらい前にお話させていただいて、“戻ってくるか”というお話をいただきました。これからは汗をかいて、できる限り2人で頑張らせていただきたい」と話した。

山本がこれからの抱負について「小さいことでも何でも頑張っていきたいと思いますので、山本圭壱、加藤浩次、極楽とんぼをよろしくお願いします」と誓うと、ファンは温かい拍手で返した。

“軍団山本”のメンバーである「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)、「ココリコ」の遠藤章造(45)、「品川庄司」の庄司智春(40)、「ペナルティ」のワッキー(44)も駆けつけ、加藤からの発表の瞬間を目頭を押さえるなどして見守った。
「これまで(山本とは)こっそりと会ってました」などと仲間の復帰がようやく叶ったことを喜んだ。

山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、吉本興業から契約を解除された。
芸能活動から遠ざかっていたが、昨年1月にフリーの立場で活動を再開。
7月末放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!夏休みスペシャル」の出演で10年ぶりに地上波復帰を果たし、加藤が“全国謝罪ライブツアー計画”を明らかにしていた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/20/kiji/K20161120013760510.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479646725/


ピース綾部と真逆の反応!? 河本準一の「スペイン進出願望」を世間が完全スルー

ピース綾部と真逆の反応!? 河本準一の「スペイン進出願望」を世間が完全スルー

イメージ回復はやはり困難だった!?

ピースの綾部祐二がハリウッドで活躍できる俳優を目指し、来年4月から活動拠点を米ニューヨークに移すことを発表したが、それに乗っかって次長課長・河本準一が自身のツイッターで長年の夢について語った。

河本はそのツイートでは「体が動くうちにスペインのバルセロナで喫茶店をやれたらいいなとずっと言うてきました」と、バルセロナで喫茶店を開くことを目標にしていると説明したうえで、「そろそろ韓国語も独学で勉強できたし、スペイン語始めますかー」とツイート。
綾部に触発されたのか、夢の実現に向けて河本もぼちぼち準備期間に入ろうとしているようだ。

しかし、残念ながらこの河本のツイートに対して世間の反応は冷ややか。

「綾部の挑戦もツッコミどころ満載ですが、売れっ子芸人としての地位を捨ててまで自身の夢のために一歩踏み出したということもあり、世間からは応援コメントが多いです。
対して河本はというと、母親の生活保護不正受給問題が永遠にまとわりついていますね。
いまだ好感度も回復しないまま、テレビでもほぼ干された状態が続いている。
ほとんどの人がこの話題をスルーですし、ツイートのコメント欄にもあまり好意的な意見は目立っていません」(エンタメ誌記者)

ネット上でも「スペインで失敗しても生活保護もらえるもんな」「本気で生活保護者になるつもりか?」「もっと早く行けばよかったのに」など、ほとんど興味がないという雰囲気。

本人もテレビに出続ければ、過去の騒動を掘り返されることが避けられないと痛切に感じているはず。
ついに日本をあきらめたということかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1215017/


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477053497/


【画像】小島よしおの結婚相手はモデルの小松愛唯 

【画像】小島よしおの結婚相手はモデルの小松愛唯 

 今月18日に一般女性と結婚したお笑い芸人の小島よしお(35)が31日、都内で「小島よしお先生のやってみ体操」(辰巳出版)発売記念イベントに出席し、妻とのツーショット写真を公開した。

 イベントで結婚の喜びを語った小島は「(妻は)かわいらしい子で、インスタグラムをやっているのでフォローしてあげてください」といい、写真を公開。お相手はOLのアイさん(28)で、6月下旬にプロポーズしていたことを明かし「(妻は)アイアンマンですから」と笑わせた。

 この日も「やってみ体操」を4歳と7歳の子供と実践した小島は「いつかは自分たちの子供を授かったらいいなと思っています。1、2年は旅行とか2人じゃないとできないことをして、それから考えます」と話した。

 プロポーズは自宅のベッドの上で行ったといい「5月にイタリア旅行に行って、そこで言おうと思ったけど、言えなくて旅行が終わっていた。(自宅では)一緒のベッドで寝てるんですけど、朝起きた時に、おいでーとか言って抱きしめて『結婚しよう』と言った」とのろけた。

 妻のことは「あいちゃん」「アイアンマン」と呼んでいるといい、「お互いに映画が好きなので。
僕は『こじこじ』とか『こじぷち』と呼ばれてます」と話した。

 また30日はダウンタウンの松本人志(52)に結婚祝いの食事に連れられていたといい「サバンナの高橋さんや、ロッチのコカドさんとかもいた。『おめでとう』と言われました」と話し、幸せオーラ全開だった。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1687309.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469935358/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ