乙武洋匡、離婚は不本意も「子供を守るため」決断www

乙武洋匡、離婚は不本意も「子供を守るため」決断www

今年3月に発覚した不倫騒動以降、メディア出演を控えていた作家の乙武洋匡氏(40)が27日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、約9カ月ぶりに地上波出演。現在の独身生活の様子を披露したほか、離婚の真相について告白、3人の子供たちには騒動以降「会えていない」と明かした。

 表舞台から姿を消していた乙武氏が今、どんな生活しているのか気になるという視聴者からの投稿に答える形で、メーンコメンテーターの「ダウンタウン」松本人志(53)やMCの東野幸治(49)ら出演者5人が乙武氏の自宅でロケを敢行。松本らを招き入れた入れた乙武氏は、元気ですかと問われ「あんまり」と答えたが、騒動前と変わらぬ風貌。

 乙武氏は3月下旬に5人の女性との不倫が発覚。4月5日に行われた40歳の誕生日パーティーの際、妻・仁美さんは「厚顔無恥な夫が申しわけありません」とあいさつするなど関係修復に努めたが、6月から別居し、9月に離婚したことを発表した。

 離婚の理由について「私のしでかしたことは妻が知っていたのでもめごとにはならなかった」と不倫が最大のきっかけではなかっという。不倫報道が想像以上の騒ぎになってしまったことから「妻だけでなく子供にも影響が出てしまう。3人の子供を守りたいということになった」と子供への影響を考慮したという。自身は離婚は「したくなかった」と本音をもらしたが、「子供のことを考えたら」として決断。また、騒動以降、子供たちとは「会えていないんです」と話したが、それでも「一生会えないということではない。今はちょっとということです」と説明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000103-spnannex-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480213593/


乙武ガールズも解散?「もう限界」不倫スキャンダルで離婚した乙武洋匡氏の悲しい現状とは?

乙武ガールズも解散?「もう限界」不倫スキャンダルで離婚した乙武洋匡氏の悲しい現状とは?

今年3月に「週刊新潮」(新潮社)で不倫問題が報じられた作家の乙武洋匡氏が14日、自身のサイトで妻・仁美さんとの離婚を発表した。
同氏は「この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます」とした上で

「夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。
今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です」と述べた。

離婚は「家族それぞれにとって最善の結論」で、夫婦で熟考を重ねた末に出した答えという。
文末では「この度は個人的なことでお騒がせし、またご心配をおかけしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます」と再度、スキャンダルを詫びている。

乙武氏は7月の参院選出馬に向け準備してきたが、3月に美女との不倫旅行が発覚したため断念。
スポーツ紙記者は「最終的には5人の女性と〝関係〟を持ったと自ら暴露しましたが、実際はそれ以上。聞いてもないのに告白したのは『俺はモテるんだぞ』アピール以外の何物でもなく、その態度にイラッとした人は多かった」と解説する。

事態収拾のために、乙武氏は謝罪文を出したが、それも逆効果だった。妻・仁美さんまでもが〝監督不行届〟で謝罪する形となっていたため「奥さんは被害者」「やり方があざとい」と大炎上。乙武氏は政治家転身を諦め、謹慎生活に入ったが…。

「3人の子供の母である仁美さんは育児とともに、乙武氏の世話も行ってきた。謹慎して家族サービスに励んでいた彼だが、彼女にしてみれば大きな子供がもう1人いるようなもの。あのスキャンダルで、それまで奉仕してきた彼女の気持ちが萎えてしまったこともあり、最後は彼女の方から『もう限界です…』と離婚を切り出したそうだ」(同)。まさかの事態に乙武氏は大混乱。
必死に妻を慰留し、6月からは冷却期間を設けるために一旦別居することにしたが、それでも妻の気持ちは変わらなかった。

「乙武氏は連日反省メールを送り、共通の知人に頼んで彼女に思い直すよう説得を続けていたがダメだった。彼女の両親も離婚を強く勧めていた」とは女性誌記者。

現在は事務所スタッフなどが同氏の面倒をみているそうだが、それもいつまで続くかわからない。

「彼はいま、離婚の報告メールを知人やタレント仲間に一斉に送っています。『すべては自分の不徳の致すところ』と非を認める一方で、今後の人生については弱気な発言も目立っているとか。救いの手を差し伸べて欲しいのかもしれません」(同)。

キープしていた〝乙武ガールズ〟も一連のスキャンダルを機に、距離を置くようになった。テレビ関係者によると「乙武さんの方から関係を清算したそうですが、離婚した今となっては、彼の方から連絡を取ろうとしているのではないか。ただ、あのスキャンダルで乙武ガールズの何人かは『もういいや』と完全に目が醒めてしまった。これまでのようにハーレムを築くことは難しい」という。

同氏の矜持は「健常者より充実した人生を送ること」(関係者)。それがままならなくなったいま、乙武氏の胸に去来するものは――。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160921-89520384-tocana


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474412487/


不倫男・乙武洋匡が離婚を発表www

不倫男・乙武洋匡が離婚を発表www

乙武洋匡氏が離婚を発表「夫婦で話し合った結果」 

 作家の乙武洋匡氏(40)が14日、自身のサイトで妻仁美さんと離婚したと発表した。

 「この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。

 私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません。

 夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です。

 日頃より応援してくださる皆様には大変心苦しいご報告となってしまいましたが、夫婦で話し合った結果、今回の決断が家族それぞれにとって最善との結論に至りました。

 今後は、彼らが少しでも平穏な生活を送ることができるよう、ご理解、ご協力を賜ることができれば幸いです。

 この度は個人的なことでお騒がせし、またご心配をおかけしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

 2016年9月14日 乙武洋匡」(原文のまま)

 乙武氏は、3月24日発売の雑誌「週刊新潮」で女性5人との不倫を報じられた。当時、自民党からの参院選出馬が確実視されていたが、一連の報道を受けて出馬を断念。40歳の誕生日の4月5日に都内で開いた「乙武洋匡を囲む会」では、不出馬の意向を明らかにするとともに全面謝罪し、仁美さんとやり直すことを誓ったが、6月には家族との別居が報じられていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000154-nksports-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473853408/


不倫していた乙武洋匡氏が家族と別居、離婚を視野に入れた話し合い

不倫していた乙武洋匡氏が家族と別居、離婚を視野に入れた話し合い

1: 名無しさん 2016/06/22(水) 19:40:09.42 ID:CAP_USER9

不倫報道によって、参院選不出馬となった乙武洋匡さん(40才)が、離婚に向けた話し合いを始めているとの情報が入った──。世間を大きく騒がせ、夫婦が揃って謝罪した不倫騒動から3か月。再出発したはずの夫婦の絆が、切れた。

「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、彼女の意志は固かった。“彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人)

 以来、夫は自宅マンションに帰っていない。トイレや寝室を備えた事務所に寝泊まりしている。妻は3人の
子供とともに、夫のいない部屋で静かな暮らしをスタートさせていた──。

 結婚15年目を迎えた乙武洋匡・仁美(37才)夫妻が危機を迎えている。早稲田大学政治経済学部に在学中の1998年に出版した『五体不満足』(講談社)が累計500万部を超す大ベストセラーになった乙武さんは、大学の1年後輩だった仁美さんと4年間の交際を経て、2001年3月25日、仁美さんの早大卒業の日に結婚。
8才の長男、5才の次男、1才の長女と3人の子宝に恵まれた。

 そんな乙武夫婦に大きな転機が訪れたのは、15回目となる結婚記念日の前日だった。今年3月24日、『週刊新潮』が乙武さんと20代後半女性との不倫海外旅行を報じた。乙武さんと女性は昨年のクリスマスから今年の正月にかけて、8日間にわたってチュニジアやパリなどを旅行。乙武さんは不倫の事実を認めた。
重度の障害を抱えながら、明るく爽やかなキャラクターで人気を博した乙武さんの不倫スキャンダルが大々的に報じられると、世間は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。

「先天性四肢切断」という重度の障害を抱えている乙武さんの私生活が苦労の連続であることは説明するまでもない。
そして、乙武さんの生活全般の介助を担ってきたのが仁美さんだ。しかも、そこに子供たちの世話も加わることになる。
夫婦を知る関係者が言う。

「乙武さんは夜10時を過ぎたら家に帰らず、住み込みのボランティアスタッフが世話をする事務所などに泊まるようになりました。忙しい子育てを終え、3人の子供を寝かせつけた仁美さんがゆっくりと時間を過ごせるための配慮でした」

 週末に自宅に帰るが、平日は事務所に寝泊まりすることが増えていった。前出の関係者が語る。

「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、気づかないふりを続けていたはずです。乙武さんが家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、むしろ夫婦関係のバランスが保たれていたことは否定できません」

 3月末に不倫が報じられて以降、仕事を抑えてきた乙武さんは外出を極力控え、一日中自宅で過ごすようになった。

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に“謹慎”するようになり、仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした。彼女は最初のほうこそ気丈に頑張っていましたが、みるみるうちに疲労がたまり、表情が暗くなって塞ぎがちになりました。夫婦間もギスギスし始めて、会話が少なくなりました」(前出・知人)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160622-00000024-pseven-soci&p=1

続く


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466592009/


テリー伊藤、乙武洋匡について「教育者としての才能を摘むほうが、日本にとって痛手」www

テリー伊藤、乙武洋匡について「教育者としての才能を摘むほうが、日本にとって痛手」www

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 13:03:21.69 ID:CAP_USER*.net

 この5日、母校・早大に隣接するホテルで開催された「40歳の誕生日を祝うパーティー」で、“渦中の人”乙武洋匡(ひろただ)さんは一連の不倫騒動を謝罪した。

 パーティーには、夫とともに謝罪コメントを発表して物議を醸した仁美夫人も参加。
「夫が外泊すると正直ホッとする部分もあった。そういうことが夫を追い詰めていったように思います」と語ったうえで、乙武さんに対して「次はないわよ」とクギを刺した。会場は大爆笑だったとか。

 一見、オンナを上げたように見えるけど、そんな奥さんの聡明(そうめい)ぶりを見せられたって、仕方ない。本来なら、パーティーの間、ずっと乙武さんを罵倒するぐらいのこと、してほしかったね。

 結局、今夏の参院選出馬を断念したけど、別に乙武さんは政治家にならなくてもいい。それよりも、彼の教育者としての才能を摘むほうが、日本にとって痛手だと思う。

 乙武さんは2007年から3年間、東京・杉並の小学校で教鞭(きょうべん)をとっていた。私の友人の高円寺の洋服屋の娘さんも教え子で、任期が終わって学校を去るとき、その子が店で「本当にすてきな先生だった」と涙を流していた。心底、尊敬していた。

 政治家なんかになるより、そういう部分を生かしてほしかった。しかし、今回の不倫騒動で「教育者なら、なおさら許さない」という声も挙がる中、これも難しくなった。

乙武さんは早大在学時に著書『五体不満足』で一気に有名になった。本が400万部と大ヒットしたとき、報道陣に囲まれて「恋愛のほうはどうですか?」と聞かれた乙武さんは「数人とおつき合いしていましたよ」と答えた。そのとき、報道陣がどよめいたことを覚えている。

 そのどよめきには、「そんな体なのに、女の人と交際することなんて、できるの?」という意識があったと思う。乙武さんは子供のころからそんな目で見られていたと思う。

 「そうじゃない。オレにだって性欲はある。そんな目で見られる筋合いはない」という反骨心があって当然だし、そういう気持ちがなかったら、『五体不満足』のような本も出さなかったはず。

 よく「乙武さんはモテる」と語られるけど、「モテる」というのは受け身の言葉。乙武さんは自分からアプローチしていくタイプだ。おそらく女好きは一生直らないだろう。

 乙武さんは両手両足がないハンデをモノともせず、明るく積極的に女の人にアタックしている。こういうことも含め、子供たちには勉強になると思うんだけどね。ダメかな。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160413/enn1604130830006-n1.htm



引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460520201/

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1460520201/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ