田畑智子と岡田義徳が結婚!カボチャ自殺未遂騒動から1年、破局乗り越え元サヤ

田畑智子と岡田義徳が結婚!自殺未遂騒動から1年、破局乗り越え元サヤ

 女優の田畑智子(36)と、俳優の岡田義徳(39)が結婚の意思を固めたことが31日、分かった。田畑の自殺未遂騒動や、破局を乗り越えてのゴールインとなる。

 自殺未遂騒動を経て、田畑と岡田が、愛の絆を強固なものにしていた。2人は結婚の意思を固め、ごく数人にその旨を伝えている。

 具体的な婚姻届の提出時期などは未定。複数の関係者の話を総合すると、田畑が、7日から演劇制作集団「地人会新社」の第6回公演「豚小屋」(15日まで東京・新国立劇場小劇場)を控えているため、舞台を終え、互いのスケジュールが整った段階で具体的に動き出したい意向だという。

 2人の交際が明らかになったのは15年11月、田畑が、岡田の自宅マンションで左手首を切り、救急搬送されたことがきっかけだった。田畑は「カボチャを料理する際に手元が狂った」と説明したが、情報が錯綜(さくそう)し“自殺未遂騒動”として話題になった。

 騒動後、2人は一度破局し、しばらく距離をおいた時期があったが、16年初夏までに復縁した。女性誌には16年6月下旬に、田畑の自宅マンションの駐輪場から岡田が自転車に乗って出て行く姿が報じられた。2人にとって最大の危機を乗り越えたことで、雨降って地固まった形だ。2人の知人は「いろいろとありましたが、腐れ縁とでも言うのでしょうかね…。互いが必要な存在だと、改めて気付かされたんだと思う」と話した。

 これまでも交際と、破局を繰り返してきた。付き合い始めたのは11年まで遡る。その年の舞台「わらいのまち」で共演したことをきっかけに、交際に発展した。当時、写真誌に居酒屋デートを報じられた際には、交際を認めなかったが、15年の騒動を受けて双方の事務所が交際を認めていた。

 それぞれの自宅は、世田谷区内で歩いて10分ほどの距離にある。復縁後も変わらず、半同棲(せい)を続けている。6年越しの恋が、ついにゴールを迎える。

 ◆田畑と岡田のこれまで

 ▼11年9月 舞台共演を機に交際に発展と週刊誌で報じられる。

 ▼11月 田畑がDVDイベントで交際を認める。

 ▼15年11月5日 田畑が左手手首付近を刃物で切って救急搬送。所属事務所は「カボチャを切った時に滑った」と説明。

 ▼6日 田畑が負傷したのは岡田の自宅マンションで2人が半同居状態だったことが明らかに。

 ▼13日 岡田がドラマの取材会で騒動を謝罪。

 ▼14日 田畑が騒動後初めて公の場に。負傷箇所は「手首でなく親指の付け根」と説明。

 ▼16年1月 破局していたことが明らかに。

 ▼7月 復縁していたことが女性誌で報じられる。

◆田畑 智子(たばた・ともこ)
1980年12月26日、京都府出身。36歳。12歳の時、映画「お引越し」のヒロインオーディションに合格し、デビュー。報知映画賞新人賞など受賞。
「小石川の家」「メロディ」など久世光彦氏の作品を中心に活躍。2000年NHK連続テレビ小説「私の青空」のヒロインを務めた。実家は祇園の老舗料亭。趣味は料理、食べ歩き。特技は日舞、三味線。身長157センチ。血液型A。

◆岡田 義徳(おかだ・よしのり)
1977年3月19日、岐阜県出身。39歳。93年テレビ東京系「浅草橋ヤング洋品店」モデルオーディションを機に芸能界入り。
94年TBS系「アリよさらば」で俳優デビュー。95年「渚のシンドバッド」で映画初出演。代表作にドラマ「木更津キャッツアイ」「南極大陸」など。特技はドラム。血液型AB。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000022-sph-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483213710/


田畑智子“カボチャ自殺未遂”破局から半年…岡田義徳とひそかに復縁

田畑智子“カボチャ自殺未遂”破局から半年…岡田義徳とひそかに復縁

 田畑智子(35)の“自殺未遂騒動”から、半年が過ぎた6月下旬の朝。都内にある田畑の自宅マンションの駐輪場から、慣れたようすで自転車で出て行く男性の姿があった。

騒動後の今年1月、田畑と破局したと報じられた元恋人・岡田義徳(38)だ。

岡田は自転車に乗ると、10分ほどのところにある自宅へと戻っていった。
田畑の知人はこう明かす。

「じつはひそかに復縁したんですよ。以前と逆で、岡田さんが彼女の自宅に毎晩泊まり、朝になると自転車で帰っていくようです」

その言葉どおり、翌日も翌々日も、田畑のマンションから朝帰りする岡田の姿を本誌は目撃している。用心しているのか、マンションの表口と裏口に別れて、2人は出てきた。
 
破局後の田畑は、仕事へ順調に復帰。7月7日からはパルコ劇場で、舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』に出演中だ。

7月上旬、やはり田畑のマンションから時間差で出てきた2人を別々に直撃した。

 ――田端さん、岡田さんが毎日泊まられてますね。

「え、そうなんですか?知りません!」

 思い切り、とぼけられた。だが表情はこわばり気味。逃げるようにタクシーに乗って去って行った。

岡田は、記者がいるのを予想していたようだ。

「すみません。そっとしておいてください。2人とも生活しづらくなるので……何もお話できないんです」

 そう言って、キャップを取って頭を下げたが、「2人」という言葉には、田畑を思いやる気持ちが感じられた――。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00010000-jisin-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468249931/


田畑智子と岡田義徳が破局 手首負傷騒動後に決断

田畑智子と岡田義徳が破局 手首負傷騒動後に決断

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 06:25:13.46 ID:CAP_USER*.net

女優田畑智子(35)と俳優岡田義徳(38)が破局していたことが12月31日、分かった。

 昨年11年9月に交際が伝えられ、同時に、田畑が岡田の自宅で左手をけがする騒動があったことが発覚。2人はこれをきっかけに交際を正式に認めた。騒動をへて絆が深まり、結婚に向かう可能性もあると言われたが、意外な結末を迎えていた。

 2人は、田畑がけがをして救急搬送された騒動が「自殺未遂」と報道されてから1カ月以上たった12月中旬に、別れを決意したという。将来について、あらためて考え、話し合いをした上で選んだ結論だった。2人の知人は「互いに愛情がなくなったわけではないのですが、騒動で目が覚めた部分もあったようです。今は仕事を優先すべき時期と考えたようです」と話す。さらに2人は「事件で大きく報じられるのではなく、仕事で世間に認められたい」と話していたという。

 ともに演技力には定評があり、多くのドラマや映画で作品を支える貴重な存在として活躍している。
仕事に集中する環境作りを優先した今回の決断が、さらなるキャリアアップにつながる可能性は十分にありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000008-nksports-ent


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451597113/


田畑智子、9日ぶり仕事復帰 騒動後初公の場で謝罪「この度はお騒がせして…」

田畑智子、9日ぶり仕事復帰 騒動後初公の場で謝罪「この度はお騒がせして…」

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 21:12:20.73 ID:???*.net

今月5日、都内にある交際相手の俳優・岡田義徳(38)の自宅で手首を切り救急搬送された女優の田畑智子(34)が14日、NHKドラマ『逃げる女』(来年1月9日スタート 毎週土曜 後10:00)の収録に参加するため神奈川県内のスタジオに姿をみせた。

騒動後、初めて公の場となり、詰めかけた大勢の報道陣を前に「この度はお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。

この日が仕事復帰となった田畑は左手にはまだ包帯を巻いているものの「けがのほうも回復したので予定どおりお仕事することができます」と報告。
「関係者の方々、お騒がせして本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

所属事務所によると、5日早朝に地方の仕事から戻った岡田が、室内で調理中にけがをした田畑を発見。
田畑は自ら救急連絡し、岡田に付き添われて病院に行ったという。
けがの原因については「包丁でかぼちゃを切ろうとしたところ手を滑らせ、誤って切ってしまったようです」と説明している。

一方、岡田も前日の13日、岡山県内で行われた同局系ドラマの会見に出席し「この度はお騒がせして申し訳ございませんでした。それ以外言いたいことはありません」と頭を下げて謝罪。
現状については「元気でやっていますのでご心配なく」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000353-oric-ent


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447503140/


自殺未遂報道の田畑智子 搬送の際は泣いて興奮、取り乱す

自殺未遂報道の田畑智子 搬送の際は泣いて興奮、取り乱す

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/10(火) 06:07:15.25 ID:???*.net

“田畑智子自殺未遂”の第一報が流れたのは11月5日の夜。『みんなのニュース』(フジテレビ系)の終了間際に、田畑が自宅で睡眠薬を飲んで手首を切ったという通報があり、警察官が駆けつけたところ、田畑が血を流して倒れていたと報道。これを受けてマスコミ各社は取材に動いた。

「自宅でカボチャを切った際、手が滑って包丁で手首を切ったという。本人が119番しました」

田畑の所属事務所は、自殺未遂報道を否定した。また彼女の母親もこう否定。

「本人はピンピンしています。何にもないです。報道には驚いていますし、心外です」

しかし、その後、現場となったマンションが田畑の自宅ではなく、交際している俳優の岡田義徳の自宅であることが明らかに。

田畑は、小学生のときに'92年公開の映画『お引越し』でヒロインに抜擢されて女優デビュー。
そのときの演技が評価され、その後は'00年にNHKの朝ドラ『私の青空』の主演を務めた。

映画、ドラマ、舞台など幅広いジャンルで活躍、演技派女優としての呼び声も高い。
イメージ脱却を図って30歳のときに出版したヘアヌード写真集は大反響となった。実家が京都の老舗料亭であることも知られている。

一方の岡田は'02年にドラマ『木更津キャッツアイ』で、うっちーの役を演じて人気を博した。
その後も脇役ながらさまざまな役を演じ、こちらも演技派の俳優として知られ、'13年にNHK大河ドラマ『八重の桜』では会津藩士を演じていた。

「朝8時前でした。マンションの前に救急車が止まっていて、近くにパトカーが1台、自転車に乗った警察官もいました。
《警視庁》という文字の入った上着姿の女性警察官がマンションの中に入っていったので、ただごとじゃないと思いました。
しばらくして、その日の午前中に岡田さん本人が、“お騒がせしました”と挨拶に来ました」(岡田が住むマンションの近隣住民)

さらに、別の住民はこう証言する。

「搬送のとき、田畑さんは泣いて興奮して、取り乱している感じで、救急隊員が毛布で抱えるようにして連れて行きました」

また、こんな目撃情報も。

「半年くらい前に、田畑さんがマンションの入り口の階段に、ひとりでポツンと座っていることがありました」(前出・住民)

ふたりの交際が発覚したのは'11年。岡田のマンションに通う田畑の姿がフライデーにキャッチされている。
その後は目撃情報もなく、破局したと思われていたが、交際は続いていたようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151110-00020479-jprime-ent
週刊女性PRIME 11月10日(火)5時0分配信


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447103235/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ