フジテレビに激震 有力スポンサーが相次ぎ「契約解除」の波紋

フジテレビに激震 有力スポンサーが相次ぎ「契約解除」の波紋

 “落ち目”のフジテレビにまたまた追い打ちをかけるような事態が発生している。
先月30日放送のフジテレビ系バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜20時)。
06年に未成年淫行事件を引き起こして以来、芸能活動休止状態にあった「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)が10年ぶりに同番組で地上波復帰で注目を浴びたが、その内容にスポンサーが“激怒”しているのだ。

■日清食品 めちゃイケCM降板は「事実」

 攻めの一手で挑んだ企画は放送前からの大々的な宣伝も功を奏し、同番組の今年最高タイとなる高視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。久しぶりの明るい話題にめちゃイケだけでなく、フジテレビ全体にも一筋の光明が差し込んだかのようにも見えたが――。

「番組の有力スポンサーである日清食品が、7月の山本復帰の放送回を見て、契約を“即白紙にする”と通告を出したのです。
クールの途中でスポンサーを降りるなんて異例中の異例。もちろん、フジから日清さんへ事前に企画趣旨の説明はしていましたが、内容が悪過ぎた。
なかでもナイナイの岡村隆史が山本をリング上で“フルボッコ”する様子を他の共演者やスタッフらが静観しているシーンは度が過ぎた。
家族だんらんの休日夜のゴールデン帯であり得ない内容だとカンカンだったそうです」(広告代理店関係者)

 日清食品宣伝部は日刊ゲンダイの取材に対し、契約解除は「事実」と認め、「理由などの詳細は差し控えさせていただきます」と回答した。

 フジにノーを突きつけた企業は日清だけじゃない。看板枠のひとつである「月9」こと月曜21時台のレギュラースポンサーであるTOYOTAが、10月期からスポンサー契約を降りるというのだ。理由は視聴率の不振。現在放送中の桐谷美玲(26)主演「好きな人がいること」は、2回目放送までは10%台の2ケタをキープしていたが、その後は1ケタ台に転落。前作の福山雅治(47)主演「ラヴソング」に至っては全10話の平均が8・5%にとどまり、月9史上最低記録を更新した。「TOYOTAの提供は、7月期クールをもって終了になるようです」(前出の代理店関係者)。

 TOYOTAは「スポンサー契約の詳細については申し上げられません」(広報部)と回答。当事者のフジテレビも、「契約の詳細に関してはお答えしておりません」(企業広報部)というが、尻に火が付いたどころの騒ぎではないだろう。

 フジは今年2月に巷を席巻中の「ポケモンGO」を開発したナイアンティック社の第三者割当増資5億3000万円の大半を引き受けたと一部で報じられた。ナ社が上場したあかつきには莫大な含み益を得られるが、本業のテレビがこれでは……。お台場から断末魔が聞こえてくる。

日刊ゲンダイ 2016年8月13日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/187629


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1471042078/


フジ「27時間テレビ」視聴率7・7% 13年下回りワースト

フジ「27時間テレビ」視聴率7・7% 13年下回りワースト

フジテレビで23日~24日に放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」
(23日後6・30~24日後9・24)の平均視聴率は7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。

 87年のスタートから今回で30回目を迎えた27時間テレビは、明石家さんま(60)、
「ウッチャンナンチャン」内村光良(51)、SMAP中居正広(43)、フリーの加藤綾子アナ(31)らがリレー方式でMCを務め各番組をつないだ。

 瞬間最高は23日午後8時57分の「痛快TVスカッとジャパン」放送中の16・9%。ゲスト出演した女優の菜々緒(27)演じるキャリアウーマンが、木下ほうか(52)扮するイヤミ課長を一喝。
イヤミ課長にいびられていた女性社員を励ます場面だった。

 平均視聴率は「女子力」をテーマにした13年が9・8%。SMAPが総合司会を務めた
14年が13・1%、ナインティナインが4年ぶり3回目の総合司会を務めた15年が
10・4%だった。

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏(61)が「ホンマでっか!?TV」の名物コーナー
「ホンマでっか!?人生相談」にゲスト出演し、さんまと16年ぶりに共演した。

 タレントのベッキー(32)も23日未明に人気コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」に電話出演。さんまから恒例企画「ラブメイト10」の10位に選ばれたベッキーは、さんまと中居の呼び掛けに応じる形で24日午前3時頃に同番組に電話。放送の中ではさんまの“公開告白”に「お断りします」と返すなど、久々のバラエティーを満喫した様子だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000084-spnannex-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469438161/


OUR HOUSE(フジテレビ系) 最終回は視聴率3・3%!芦田愛菜さんと女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんダブル主演

OUR HOUSE(フジテレビ系) 最終回は視聴率3・3%!芦田愛菜さんと女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんダブル主演

1: 名無しさん 2016/06/13(月) 10:50:41.77 ID:CAP_USER9

子役の芦田愛菜さんと女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんダブル主演の連続ドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)の最終回が12日放送され、平均視聴率は3.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

ドラマは3年ぶりに復活した日曜9時「日9」枠に、「ひとつ屋根の下」などの野島伸司さんの脚本で、芦田さん演じる東京・世田谷で暮らす大家族の長女と、フォックスさん演じる米国人の継母の対立を描いたホームコメディー。

山本耕史さん、加藤清史郎さん、寺田心君、松田芹香ちゃん、高山善廣さん、塚本高史さん、松下由樹さん、橋爪功さんらも出演した。

最終話では、奏太(山本さん)と葵(渡辺舞さん)のキスを目撃してしまい、完全に居場所がなくなったアリス(フォックスさん)が、家を出ていってしまう。
一方、桜子(芦田さん)は、アリスを追い出したことを気にしつつも、「葵は自分たちのママになることを決断して来てくれたのだから」と自分に言い聞かせる……というストーリーだった。

まんたんウェブ 6月13日(月)10時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000003-mantan-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465782641/


福山雅治主演 月9「ラヴソング」第3話視聴率は微増9・4%

福山雅治主演 月9「ラヴソング」第3話視聴率は微増9・4%

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 10:12:20.32 ID:CAP_USER*.net

 歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務めるドラマ「ラヴソング」(月曜後9・00)の第3話が25日に放送され、平均視聴率は9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

 初回10・6%、第2話9・1%と推移。第2話からは微増となった。

 ヒロインは約100人に上るオーディションから選ばれた演技未経験のシンガー・ソングライター、藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャンで現在は臨床心理士の神代広平(福山)と孤独を背負った女性・佐野さくら(藤原)が音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。

 福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。

 第3話は、神代(福山)は笹(宇崎竜童)のライブハウスにさくら(藤原)を連れていき、ライブに向けての練習をする。客はいないが、初めてステージに立つさくらは緊張。神代は世間話で緊張をほぐそうとするが、さくらはためらう。そこへ、神代にクライアントから電話が入る。
店の外に出て電話を済ませた神代が戻ると、さくらが1人で熱唱していた。神代はそんなさくらに見入ってしまう。その中、真美(夏帆)と野村(駿河太郎)は、楽しそうに神代と歩くさくらの姿を目撃する。夜、帰宅したさくらは、真美から神代との関係をからかわれる。神代への思いを否定しきれないさくらは、ごまかすようにライブで歌うためだと真美に告げる。それを遊びに来ていた空一(菅田将暉)も聞いていた…という展開だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000091-spnannex-ent


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461633140/

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461633140/


とんねるず、視聴率5%で危険水域突入…テレビ局にとって「お荷物化」

とんねるず、視聴率5%で危険水域突入…テレビ局にとって「お荷物化」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 17:46:49.02 ID:CAP_USER*.net

5.2%――。

3月17日放送のテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の視聴率が危険水域に入ってしまった。
この日は、お笑い芸人・光浦靖子と男性カメラマンが神奈川県の鎌倉や江の島を巡るデートの模様を中心に放送したものの、同時間帯で民放4位と惨敗してしまった。テレビ局関係者が話す。

「同番組の全盛期から比べれば、5分の1程度の視聴率です。
正直なところ、光浦さんのデート企画はどの層に向けて放送しているのかよくわからない。
確かに今の視聴者は女性の40代、50代が多いですが、既婚者は共感できないし、未婚者は同じ境遇の光浦さんが恋愛で上手くいく姿なんて見たくない。
自分が取り残された感を味わうだけですからね。さらに、とんねるずファンの男性層にも響かない」

今年に入ってから同番組の視聴率はすべて1ケタ。
それどころか、昨年10月29日に10.2%を記録して以降、17回連続で1ケタに終わっている(2016年3月17日現在)。

「1年半くらい前までは12%以上をマークすることもよくあり、フジにとって貴重なコンテンツでした。
打ち切りの噂もよく上がりましたが、理由は『昔と比べれば数字が悪い』『とんねるずの高額なギャラとのコストパフォーマンスが良くない』というものでした。
そして、昨年の秋から数字が本当に良くない。裏で放送されている同じバラエティ番組の『モニタリング』(TBS系)が20時から2時間と時間を延長したことも大きいでしょう。ただ、『モニタリング』が毎回2ケタを取っているわけでもない。
『みなさんのおかげでした』のパワー自体が落ちているのだと思います」(同)

もともと、前身の『みなさんのおかげです』は仮面ノリダーなどのキャラクターが受けるなど学生に大人気の番組だった。
1997年に現在の『みなさんのおかげでした』へ変わってからは、『新・食わず嫌い王決定戦』というヒットコーナーが生まれ、大人を対象とした番組に変わっていった。
視聴者とともにうまく年齢を重ねてきたが、前身から数えれば開始から26年半が経ち、番組自体が勤続疲労しているのか。

「3月24日の3時間半スペシャルでは、名物コーナーである『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』が放送されたこともあり、なんとか2ケタに乗りましたが、ギャラの高いとんねるずの番組を秋以降も続けていいのかという話は以前からフジ内にあります。
フジは経費削減を打ち出しているわけですから。フジにとって同番組はただのお荷物化しつつあります」

数年前から打ち切りの噂が絶えない『みなさんのおかげでした』。視聴率的に見れば、今が最も危険な状態であるのは間違いない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160327-00010005-bjournal-ent
Business Journal 3月27日(日)17時31分配信


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459068409/

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1459068409/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ