女優「のん」さん、名前への思いは… 「フルネームも考えた」「少しずつ広がってうれしい」

女優「のん」さん、名前への思いは… 「フルネームも考えた」「少しずつ広がってうれしい」

7月に芸名を「のん」に改め、芸能活動を再開させた女優の能年玲奈さん。
新しい名前でアニメ映画「この世界の片隅に」の声優に初挑戦しました。
名前をめぐっては、フルネーム案、アルファベット案など、「のん」以外にもいくつか候補があったそうです。
芸名誕生の裏話や、映画への思いを語ってもらいました。

復帰作で声優に初挑戦

映画「この世界の片隅に」は、太平洋戦争当時の広島県呉市などを舞台にした漫画家こうの史代さんによる同名の漫画が原作です。

終戦の1年前に広島から呉へ嫁いだ18歳の主人公・すずが、厳しい生活のなかで戦時を生き抜く姿を描いています。

「『普通に生きる』に、涙があふれる」

「戦時下の話なので、つらいシーンはありますが、その中でも毎日は巡る。普通に暮らしていくことが、素晴らしいことなんだと感じられる映画です」と話す、のんさん。
終戦へ向かう時代でもすずは、食事を工夫したり、着る服を作り直したりして、日常を丁寧に積み重ねていきます。

「すずさんが目の前の生活を大事にしている様子を大切にしました。『普通に生きる』ということに、涙があふれてくる作品になっています」

監督・脚本の片渕須直さんとは、すずの心情などを確認し合いながら役を作り上げていったそうです。
「すずさんは『ぼーっとしている』と言われるんですけど、すごく力強くて、芯があるので、そこは大切にしました。
あとは監督と話して、すずさんの『大人になりきれない、子どもっぽいところ』が面白いなと思って、その部分もしっかりと演じました」。

改名「フルネームも考えた」

映画の公開に合わせて広島を訪れたり、NHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市を訪れたりするなど、世間の人たちと触れ合う機会も増えています。

「子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、『のんちゃん』と呼んでくれて、『わー、名前を知ってくれているんだ』とうれしい気持ちになります」

のんさん自身、新しい名前が少しずつ浸透しているのを実感しているようです。

改名については、契約していた事務所との関係で本名の「能年玲奈」が使えなくなった時に、
「何がいいかなと考えて、友達に呼ばれていた『のん』っていいなと思った」と話します。

アルファベットやカタカナ、名字をつけてフルネームにするなど、色々な候補があったそうですが、ひらがな2文字に落ち着いたそうです。

「前の本名だと読み方が分からない人もいたので、『のん』にしてよかったと思っています。誰でも読めるので(笑)」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000004-withnews-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478645630/


能年玲奈が東北のイベント仕事ばかりの「地方タレント」になっていた!

能年玲奈が東北のイベント仕事ばかりの「地方タレント」になっていた!

前所属事務所とのトラブルで芸能活動を事実上干されているのんこと能年玲奈。そんな彼女が11月3日に岩手県盛岡市で行われたイベントに出席した。

ご当地麺の魅力を伝えるイベント「ニッポンめんサミット」のステージに上がると、テープカットならぬ麺カットを行い、イベントの始まりを高らかに宣言した。

「これは地元盛岡の冷麺を始め、日本中の名店が出店するイベントです。出店しているのが15店で規模は決して大きくない。
NHK連続ドラマの主役を務めた女優が出るようなものかというと疑問です。仕事を選ばない姿勢は感心しますが、タレントとしてはどうでしょうか」(スポーツ紙記者)

10月22日には弘前大学の学園祭でチャリティートークショーを行うなど、最近の活動の場は東北地方ばかり。
業界からは「のんはもう地方タレント」と揶揄する声も聞こえてくる。

「今年8月、彼女は岩手県の達増拓也知事を表敬訪問し、自作のイラストをプレゼントしたんです。
その際、知事は県庁内にのんの活躍の場を作りだすプロジェクトを発足させ、バックアップすると約束しました。
それもあって、東北での活動ばかりになっているようです。このままだと本当に地方タレントになってしまうかもしれません」(週刊誌記者)

彼女が再び中央に戻ってくる日は来るだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1223856/


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478482633/


能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ

能年玲奈、芸名を「のん」に改名して芸能活動再開へ

能年……ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です――。
 
 NHKの朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』で一世を風靡し、その後、映画にも多数出演。しかし突然、独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなった能年玲奈。今回、芸名を「のん」に改め活動を再開する。

 再出発にあたり、元気で楽天家な母親が上京して挨拶回りをしてくれたという。「休養中」にはクラシックバレエや洋服作り、モノマネや作曲に没頭していた。そんな毎日についてフライデー最新号(7月15日発売)で熱く語っている。

 グラビア撮影にも挑戦しており、「久しぶりで緊張します~」と言いながら、自前の衣装で『あまちゃん』ばりの大ジャンプまで披露した。

「楽しくて、顔が開きっぱなしでした~!」

 と素直な感想をこぼし、白い歯を見せたのだった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00010000-friday-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468450037/


能年玲奈がGMT仲間(大野いと、蔵下穂波)と野球観戦、あまちゃん組の3ショットにファン歓喜。

能年玲奈がGMT仲間(大野いと、蔵下穂波)と野球観戦、あまちゃん組の3ショットにファン歓喜。

女優の大野いと(21歳)が7月12日、自身のInstagramで、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で共演した能年玲奈(23歳)、蔵下穂波(22歳)と野球観戦に行ったことを報告。

特に能年については、6月末で所属事務所との契約が切れたとされる中での最新写真とあって、多くの注目を集めている。

大野はこの日、「久しぶりにGMTだよ?大好きな二人なんだよ♪すごく楽しかったんだ」とのコメントと共に、3人で楽しそうにピースしている写真を公開。GMTは、「あまちゃん」に登場したアイドルグループ・GMT47のことで、大野、能年、蔵下のほか松岡茉優、優希美青らもメンバーとして名を連ねていた。

この貴重な3ショットに、ファンからは「玲奈ちゃん!!!!元気ですね!」「今でも仲良いんですね」「能年ちゃん大好き!元気でよかった??」「このあとは能年さんのバースデー(7月13日が誕生日)のお祝いするのかな?」「戻ってきてのうねん大好き」「じぇじぇじぇ!!!」などの声が寄せられている。

また、蔵下もInstagramを更新し、同じ写真を投稿。
こちらにも「能年さんのプレバースデーのお祝いで集まったのかな?」「22歳最後の能年ちゃん見れて良かったです!」などのコメントが寄せられている。

なお、観戦したのは西武ドームだったようだが、「この間久しぶりに野球観戦しました」との記述があり、日付については投稿日とは異なる模様だ。

http://www.narinari.com/Nd/20160738635.html


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468337907/


【画像あり】能年玲奈さん、50日振りにネットに登場 篠田麻里子さんのインスタで

【画像あり】能年玲奈さん、50日振りにネットに登場 篠田麻里子さんのインスタで

女優でタレントの篠田麻里子さんが1日、自身のインスタグラムを更新し、同じく女優の能年玲奈さん、渡辺えりさんと共にスリーショットを披露しました。

公開された写真では、「#渡辺えりシスターズ」というハッシュタグがつけられて、三人がかわいい犬の姿に加工されています。

この写真の撮られた時期は明かされていませんが、能年さんは5月10日以降自身のブログを更新しておらず、久しぶりの登場にファンは「能年ちゃんおかえり」、「麻里子様のインスタに能年ちゃんと麻里子様と渡辺えりさんの3ショット!」、「能年犬欲しい~」、「まりこ様もかわいいし能年ちゃんかわいい、久しぶりに見れて嬉しい」など、喜びと期待の声をあげていました。


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1467307706/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ