ベッキー、魔女の宅急便“キキ”に ショートヘア映える仮装に「めっちゃ似合ってる」の声

ベッキー、魔女の宅急便“キキ”に ショートヘア映える仮装に「めっちゃ似合ってる」の声

タレントのベッキーが23日、Instagramを更新し、スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」の主人公・キキに扮した姿を披露した。

◆ベッキー「キキの20年後」に変身

ベッキーは同日、神戸ワールド記念ホールで開催されたロックユニット・VAMPS主催の
ハロウィンイベントに出演したことを報告。

「テーマは『魔女の宅急便~キキの20年後~』です」といい、ブラックのシースルー衣装に赤いリボン、箒を持ち、大人っぽいキキになりきっている。

◆ショートヘアーがキキにぴったり

9月にトレードマークだったロングヘアからショートに一新し、大胆なイメージチェンジが
話題を呼んだベッキー。

キキのヘアスタイルにぴったりで、ファンからは「めっちゃ似合ってる!」「可愛すぎ!!」
「ショートヘアだからこそ似合う衣装だね」「キキの20年後、綺麗になったなあ~」など
コメントが殺到。好評を集めている。(modelpress編集部)

http://mdpr.jp/news/detail/1627229


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477251799/


ベッキー、完全にブーメランwwwワイドナショーで元カレ川谷を批判「(未成年との飲酒は)未然に防げたこと」

ベッキー、完全にブーメランwwwワイドナショーで元カレ川谷を批判「(未成年との飲酒は)未然に防げたこと」

 タレントのベッキー(32)が、9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)にゲストコメンテーターとして初出演し、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の活動自粛について口を開いた。

 髪をショートにして登場したベッキーは番組冒頭、「もうドキドキ。髪も切って、きょうのワイドナショーに向けて緊張していて食欲もなくて。きょうは、もう答えます」とあいさつ。

 ダウンタウンの松本人志はベッキーの出演について、約1カ月半前にスタッフから打診されたことを明かし、「もちろんオレは全然いいんやけど、もしその週に例のカレになにかあったらいじらなあかんでって言ったんやけど、何かあったもんな。話題集めみたいにするのは本当にイヤなんだけど。ある意味専門家だから」と話した。

 言葉通り、最初のニュースでゲス極・川谷と未成年の新恋人が飲酒していた問題を取り上げ、ベッキーは「1月に私との騒動があって、世間の皆様から厳しい声を私も川谷さんもいただいて、世間の厳しい目がある中で活動したり生活したりしていて、そういった中でこういう行動を取ってしまったのは、未然に防げたことなんじゃないかなとは思います」と懲りない元カレを批判した。

 一方で松本は「(相手の)ほのかさんもタレントなんですから、私は未成年なのでお酒は飲みませんと言わないと。それが一番、必要。“ほのかりん”なんて酔うてるみたいな名前やし、酒気帯びみたいやしね。これに対して川谷さんがそこまで悪いというか、トラップではないでしょうが、たまたま運が悪かったのでは。罰が当たったのか、サンミュージックの刺客だったのか」と川谷に“同情”した。

 1月の川谷との不倫騒動で活動を一時休止していたベッキーの地上波出演は、5月13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来、約5カ月ぶりとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00000031-dal-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475976611/


松本人志、ベッキーの新恋人に、高畑裕太を薦めるwww

松本人志、ベッキーの新恋人に高畑裕太を薦めるwww

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)が9日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。5カ月ぶりの地上波復帰となったタレント、ベッキー(32)の“新恋人”候補として、強姦致傷容疑で逮捕され、不起訴処分となった俳優の高畑裕太(23)を挙げ、笑いを誘う場面があった。

 この日は、ロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)と不倫騒動を起こしたベッキーがゲスト出演。番組終盤はベッキーへの質問コーナーとなり、話題が最近の恋愛事情に。MCを務めるお笑いタレント、東野幸治(49)から「新しい恋愛とか…まだそこまで?」と聞かれたベッキーは、驚いた顔で「恋愛は全然…」と答えた。これに対しタレント、ヒロミ(51)が「『恋愛はもうしません』とか言っちゃダメだよ」と言うと、ベッキーは「それはないです」と応じた。

 ここで、松本から年齢を聞かれたベッキーが「32(歳)です」と答えると、松本は「恋愛せなあかん。(相手を)見つけ見つけ」とアドバイスを送り、「高畑とかどうや、高畑とか」と、“新恋人”の候補として高畑の名前を挙げた。するとベッキーは、無言でうっすら笑いを堪えた表情に。スタジオからは笑いが漏れたが、フジテレビアナウンサーの佐々木恭子(43)が「あんまりシャレになってないです」と突っ込んでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00000522-sanspo-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475990479/


ベッキー、10月9日放送の「ワイドナショー」にゲストコメンテーターとして出演

ベッキー、10月9日放送の「ワイドナショー」にゲストコメンテーターとして出演

 タレントのベッキー(32)が、9日放送のフジテレビ系新感覚ワイドショー「ワイドナショー」(日曜、前10・00)にゲストコメンテーターとして初出演し、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(27)の活動自粛について語ることが8日、分かった。川谷との不倫騒動で活動を一時休止していたベッキーが地上波テレビに出演するのは、5月13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来、約5カ月ぶり。

 番組内で出演の心境を問われ、「もう、ドキドキが止まらないです。出演に向け、緊張で食欲がなくて…」と語りながらも、明るい表情で収録に臨んだ。MCの東野幸治(49)から「本音を聞く番組ですし、(その質問には答えられないという)NGが難しいのに、よく出演をOKしたなと思って」と振られると、ベッキーは「(何でも)答えます」と即答。未成年者と飲酒デートをした川谷の活動自粛に関して、ベッキーがコメントする際には、松本人志(53)が「(ベッキーは)ある意味、専門家」と笑いを誘う一幕もあった。 収録を終えたベッキーは「久しぶりの地上波のテレビ出演でしたので、感謝の気持ちばかりです。厳しいお言葉も、温かいお言葉も、ありがたかったです」と感謝した。オファーを受けたときの心境も答え、「本当に、驚きました。私なんかが人様のことを言える立場ではないので大丈夫かなと不安になりましたし、もちろん怖さや緊張もありましたが、いつも拝見させていただいている番組ですし、出演させていただきたいと思いました」と振り返る。
出演する以上は、「『この質問は、しないで下さい』とは言いたくなかったので、『よしっ!』と気合を入れて臨みました」と覚悟を決めて出演したことを明かしていた。

 ベッキーがフジテレビの番組に出演するのは1月31日放送「人生のパイセンTV」以来。7月23日放送のフジテレビ系「FNS27時間テレビフェスティバル!」には電話出演のみだった

 ベッキーは今月1日に初のレギュラーラジオ生放送に挑戦するJFN系列FMラジオ新番組「ミッドナイト・ダイバーシティ~正気のSaturday Night」の初回に出演した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000035-dal-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475923811/


ベッキー、報道陣の質問に野々村ポーズwwwゲス川谷の新恋人には言及せず

ベッキー、報道陣の質問に野々村ポーズ ゲス川谷の新恋人には言及せずwww

 タレントのベッキー(32)が1日午後9時ごろ、騒動後初となるレギュラー番組、JFN系列FMラジオ「ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night」(2日午前0時)に生出演するため、東京・千代田区のTOKYO FMに姿を現した。

「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動後、ベッキーは7月にフジテレビ系大型番組「FNS27時間テレビ」に電話で生出演したが、ラジオ番組に生出演するのはこれが初となる。

 またベッキーは、9月29日付の日経新聞に掲載された出版社宝島社の“背中ヌード広告”が話題に。胸まであった髪が大人っぽいショートヘアになってイメチェンし、好感を呼んでいた。

 この日は紫のニットにダークグレーのパンツ姿。駆けつけた約50人の報道陣に対し「すてきな広告にしたくて(髪を)切らせていただきました」とニッコリ。髪をバッサリ切って不倫騒動の自分を脱ぎ捨てたかったかと聞かれ「皆さん(の想像)にお任せします」とちゃめっ気ものぞかせた。

 ラジオ番組については「新しい番組、頑張ります!」と意気込んだ。晴れやかな笑顔を見せ、吹っ切れたようだ。

 先月29日に飛び出した川谷の新たな恋人報道には言及せず。どこかのゲス男や世間のアンチファンをぎゃふんといわせる今後の完全復活を期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000033-tospoweb-ent


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475327140/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ