清原和博「息子に会いたい」と涙 覚せい剤とは一生続く戦い

清原和博「息子に会いたい」と涙 覚せい剤とは一生続く戦い

 覚せい剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)が24日、TBS系「新・情報7DAYS ニュースキャスター」に出演し、「すべての野球ファンの皆様に」と事件を起こしたことを謝罪した。覚せい剤については「一日一日が戦い」「一生続く」とし、離れて暮らす長男について「息子に会いたいです」と涙を流した。

 番組で清原氏を独占インタビュー。安住紳一郎アナは「インタビューをするにあたり、医療機関で証明書を発行していただきました。検査を実施して覚せい剤の検出は認められませんでした」と述べ、書面を拡大したものを放映した。

 インタビューを行ったのは先週。清原氏は「この度は世の中の皆様、そして野球に携わる少年野球からすべてのプロ野球、名球界、高校野球、野球ファンの皆様のことを大変失望させてしまい、罪を犯してしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げ、謝罪した。

 保釈後の生活について清原氏は「保釈されたあとすぐ、病院に直行しました。
ずっと部屋の中で。カーテンを閉じたまま」と述べた。

 自身の報道は見ていたかについて、「さすがに見れなかったです」と少し笑って額の汗を汗をぬぐった。

覚せい剤をやめられたかという質問には少し間を置き、「やめられたという言い方はなかなか言いづらいんですが…一日一日、今日は使わなかった。じゃあ、明日も頑張ろう。一日一日の積み重ねですね。今は」と言葉を慎重に選んだ。覚せい剤について「本当に恐ろしい薬物。怪物で悪魔で。
そのささやきに戦い続けるのは一生続くのかなと思っています」と冷静に話した。

 離れて暮らす長男について「息子に会いたいです。息子に会いたいです」と繰り返し、両目を赤くはらして涙を流した。

 清原氏は2月に逮捕され、5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決がくだった。

 インタビューの詳細については来週29日、同局系「ニュースキャスター 超豪華!
ニュースランキング2016決定版」(後9・00)で放送する予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000129-dal-base


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482627041/


新語・流行語大賞で「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを「ユーキャン死ね」に書き換えられてしまうwww

新語・流行語大賞で「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを「ユーキャン死ね」に書き換えられてしまうwww

流行語大賞で「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを書き換えられてしまう

「新語・流行語大賞」に「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に選ばれ、民進党の山尾志桜里議員が満面の笑みでこれを受賞したことにユーキャンが炎上しています。

「新語・流行語大賞」は「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」が正式名称である通り、通信講座で知られるユーキャンの名前が冠されているため、今回「日本死ね」が流行語大賞の一つに選ばれたことに対する批判が同社にも殺到しています。

ユーキャンのTwitterアカウントには多くの非難が寄せられており、「日本死ね」に流行語としてお墨付きを与えた選考委員と共に厳しいコメントが相次いでいます。

「ユーキャンの新語流行語大賞おかしいだろ」
「日本死ねとか最低ですけど反日企業ですか?」
「社会に及ぼす影響を考えたんですか?」
「ノミネートだけでも酷いのにトップ10に選ぶとは」
「日本死ねとか選んだことを謝罪すべき」
「お前ら、コトの重大さわかってるのか?」
「日本人の心を深く傷つけたのわからないのか?」
「三流企業さっさと潰れろよ」
「日本人を貶める暴言。看過できない、見解を説明しろ」
「命を愚弄する言葉。正気なんですか?きちんと答えて下さい」
「貴社に学問を扱う資格はありません」
「さよならユーキャン、日本人を舐めるなよ」
「ユーキャンは売国企業なんですか?」

またユーキャンのWikipediaページは何者かによって12月2日19時現在、このように書き換えられており、怒りの激しさを窺わせています。「株式会社ユーキャン死ね」

http://www.buzznews.jp/?p=2104428


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480769839/


KABA.ちゃん、戸籍変更後の名前は「一華(いちか)」と発表

KABAちゃん、戸籍変更後の名前は「一華(いちか)」と発表

 タレントのKABA.ちゃん(47)が、25日放送のフジテレビ『ザ・ノンフィクション KABA.ちゃん、女になる』で戸籍上の性別変更後、初めてテレビに出演し、本名が椛島永次(かばしま・えいじ)から「椛島一華(いちか)」になったことを発表した。

 KABA.ちゃんはこれまで、ホルモン治療や過去3回の整形手術を経て、今年3月にタイで声帯を含む性別適合手術を受けた。
番組ではタイでの手術に密着し、術後に初めて女性用トイレに入って喜ぶ姿や、帰国してテレビに出演した際に自身の声に違和感を抱いている様子が放送された。

 また、KABA.ちゃんが「戸籍上の性別変更にあわせて新しい名前を付けてほしい」と福岡の両親に頼むために帰省した旅も取材。
両親が「一から出直す」と「一花咲かせましょう」という意味を込めた名前「一華」を送ると、受け取ったKABA.ちゃんは「かわいいかわいい!」と大喜びした。

 また、両親から今後どうしたいか聞かれると「結婚をしてみたい」と本心を告白。「女性になったらオネエタレントとして仕事がなくなるのでは?」と心配されると、「(オネエと女性の)境界線をなくすように、私が頑張る」と語った。

 家庭裁判所からも戸籍上の性別変更を認められたKABA.ちゃんは、番組の最後に「どれだけ女性に近づけたと思いますか」と聞かれ、「7割くらい。もうあとは、埋まらないと思う。諦めてはいないけど、あとは恋愛とかで埋まるか、私もわからない」と心境を打ち明けた。

http://www.oricon.co.jp/news/2078954/full/


引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474791211/


やはり報ステ、ニュース23は変更報道!恣意的なテロップのすり替えも。キチガイ左翼の岸井成格は質問状に回答しないクズ。

やはり報ステ、ニュース23は変更報道!恣意的なテロップのすり替えも。キチガイ左翼の岸井成格は質問状に回答しないクズ。

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 09:47:35.26 ID:CAP_USER*.net

 作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」が15日、東京都内で記者会見を開き、最近の報道番組に関する検証報告を行った。

同会は、高市早苗総務相の「電波停止」発言をめぐるテレビ朝日系「報道ステーション」の報道について、「『多角的な論点』の提示や『報道は事実をまげないですること』を定めた放送法に抵触する疑義がある」と主張。また、同会が朝日新聞に意見広告の出稿を申し出たが、可否を留保されたことも明らかにした。

「テロップはすり替え」

 「報ステ」は9日、高市総務相が、政治的公平性を欠いた放送を繰り返した放送局に対し、電波法に基づき電波停止を命じる可能性について国会答弁したことを報じた。同会は、高市氏発言に対する賛成的内容の放送時間が106秒、反対的内容が299秒、中立的内容が192秒だったと指摘した。

 その上で、番組で「政権批判で“電波停止”も? 高市大臣 再び発言に波紋」というテロップが表示され続けたことについて、同会は「高市氏は『政権批判によって』とは言っておらず、法律の規定を答弁した。それを『政権批判によって』とすり替えている」などと問題提起。

 また、高市氏の答弁が、「椿発言」(※テレビ朝日取締役報道局長だった椿貞良氏が平成5年の民放連会合で、総選挙報道について「反自民の連立政権成立の手助けになる報道をしようという考え方を担当者に話した」と発言。テレ朝は行政指導を受けた)以降、民主党政権でも踏襲されてきた政府見解であるという事実を、「報ステ」は報じなかったことも問題視した。

 また、同会は、憲法改正やアベノミクスに関するニュースを報じた5日の「報ステ」も検証。両テーマともに、反対的意見を伝えた時間が、賛成的意見を伝えた時間を上回っていたとした。

ギルバート氏「誘導しているように見える」

 「過激なことを言っているわけではなく、すでにある(番組編集に当たっての政治的公平などを定めた)放送法4条を守ってくださいと訴えているだけだ」

 すぎやま氏は会見で、団体の活動目的について、そう強調した。「この会に所属して発言したということで、私などは『2ちゃんねる』で『すぎやんはネトウヨ(ネット右翼)』と言われている」と冗談っぽく明かし、「ただ、何と言われても、日本人の一人として正しいことを申し上げていきたい」と述べた。

 呼びかけ人の一人、米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏は「マスコミは、自分たちが誘導する義務や使命があると思っているように見える。誘導していただかなくて結構。日本国民はそれほど頭が悪くない」と述べた上で、「国民の知る権利を侵害しないためには、いろんな角度からの情報を提供する必要がある」と訴えた。

質問状に岸井氏は沈黙

 同会は昨年11月に発足し、安保法制審議をめぐるテレビ報道の賛否バランスの検証結果を公表した。多くの番組が法制への反対意見の紹介に大半の時間を割いていると指摘し、TBS「NEWS23」アンカーの岸井成格氏が「メディアとして廃案に向けて声を上げ続けるべきだ」と発言したことを問題視。

 同会は岸井氏らに公開質問状を送ったが、岸井氏は回答しなかった。経済評論家の上念司氏は会見で「(岸井氏は)しっかり説明してくれればよかったが、逃げてしまうのはどうなのか」と述べた。

 一方、同会は2月13日付読売新聞朝刊に、会の目的などを記した意見広告を出稿したことを紹介。会の事務局長を務める文芸評論家の小川榮太郎氏は、朝日新聞にも出稿を申し入れたことを明かし、「3週間近く検討してもらったが、現状、掲載も拒否も『いずれの結論も出ない』という結論になったとの回答をいただいた」と説明した。

 小川氏は「長期にわたってまじめに考えていただいたと思う。ただ、広告というものは、社論と関係なくとも社会的公平性に則り、必要な場合には出すものではないか。社説で(会を)批判するのは結構だが、正規のルートで申し入れた広告を出すか出さないか決められないのは、言論機関としていかがなものか」と苦言を呈した。

http://www.sankei.com/smp/premium/news/160219/prm1602190006-s.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455842855/

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455842855/


【画像あり】ドラマ『監獄学園』初回放送から武田玲奈が下着姿になったり、飛ばしすぎて放送事故スレスレと話題に

【画像あり】ドラマ『監獄学園』初回放送から武田玲奈が下着姿になったり、飛ばしすぎて放送事故スレスレと話題に

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 20:11:37.04 ID:???*.net

MBS・TBS系の深夜ドラマ『監獄学園』の放送が開始されたが、第一話からセクシーシーンが続出し、あまりにギリギリすぎると男性視聴者の間で注目を集めている。

主人公・キヨシ(中川大志)たち5人の男子生徒が、全寮制の元女子高・私立八光学園へ入学してきたところから物語が始まる。
教室でのシーンでJK役の少女たちがいきなりパンチラ&胸チラシーンを連発。
挙げ句、脱衣所での生脱ぎシーンやいわゆる"手ブラ"での入浴シーンまで披露するという悩殺シーンのオンパレードに、テレビの前の男性視聴者は大興奮。

ネット上でも
「くっそエロいわw」「これはいくらなんでもヤバすぎるだろwww」「よく放送できたなwww」
「完全に事故ですやんw」「ネットではもっと激しいエロを見てるハズなのにテレビでこういうの見るとすげえ興奮するから不思議www」「抗議とか来るやろけどこのまま頑張って欲しいわー」といった興奮気味の声が相次いだ。

関西圏でひと足早く放送されるやいなや、男性視聴者の大きな盛り上がりを見せたこのドラマ。
規制が厳しい昨今のテレビ業界においては珍しいセクシーシーンが続出しそうな気配だ。
初回から"大盤振る舞い"を見せてくれただけに今後もその内容から目が離せないだろう。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1028/aol_151028_1497030532.html


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446030697/


NEXT≫


スポンサードサイト
人気記事
スポンサードサイト
スポンサードサイト


おすすめ
おすすめ
スポンサードサイト
最新記事
スポンサードサイト
ブログランキング
リンク
スポンサードサイト
フリーエリア
おすすめ